総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:内科系 » 循環器内科 » ECGブック 第3版

ECGブック 第3版
 - 心電図センスを身につける - 
このページを印刷する

心電図ガイドのベストセラーかつロングセラー、6年ぶりの改訂

 異常波形をパターンで覚えるのではなく、波形成分と病態を関連づけて理解することにより、臨床において応用のきく心電図判読能力(センス)を養うことを目的とした指南書。改訂に際し、心筋梗塞が急性冠症候群に改められ、Brugada症候群、QT延長症候群について追加されるなど、重要な加筆・修正が行われた。加えて初版からの訳者による日本語訳がブラッシュアップされ、さらに簡潔明瞭で読みやすくなった。心電図の波形の差し替えも行い、より洗練された、心電図ガイドの決定版。

原著タイトル Making Sense of the ECG: A hands-on guide, 3rd Edition
原著者 Andrew R. Houghton・David Gray
訳:村川裕二(帝京大学医学部附属溝口病院第4内科教授)
  山下武志(心臓血管研究所常務理事研究本部長)
ISBN 978-4-89592-635-5
定価 4,536円(本体4,200円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5変/248/図188
刊行年月 2010/04
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

・コラムを読む
・心電図をさがす
・病態でさがす

1 PQRST:心電図の振れはどうして生じるのか
2 心拍数
3 調 律
4 電気軸
5 P 波
6 PR時間
7 Q 波
8 QRS
9 ST
10 T 波
11 QT時間
12 U 波
13 心電図のアーチファクト
14 ペースメーカ
15 Holter心電図
16 運動負荷心電図

・もっと学びたい方に
・改訂にご協力を

関連書籍

ECGケースファイル

著: 村川裕二 山下武志
  • 定価:5,400円(本体5,000円+税8%)
  • 刊行年月:2000/05/01

商品カテゴリー