総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学関連科学 » 生命科学(ライフサイエンス) » 遺伝情報の発現制御

遺伝情報の発現制御
 - 転写機構からエピジェネティクスまで - 
このページを印刷する

細胞・発生・病気での具体的な調節が理解できる

遺伝子の発現はどのように制御されているのか、エピジェネティックな調節の実体とは何か、各段階の詳細な制御メカニズムを体系的にまとめた唯一の教科書。前半で基本的な仕組みを解説し、後半では発生や疾患における具体的な事例を取り上げる。転写調節・翻訳後調節、クロマチン構造の変化、ヒストンの修飾、低分子RNAによる調節の仕組みから、核内受容体とシグナル伝達、発生・細胞種別・癌・その他疾患での例が理解できる。明解な文章と多くの図で、初心者はもちろん、専門家の知識の整理にも有用。生命科学・医・農・歯・薬のさまざまな分野の研究者、院生に。

原著タイトル Gene Control
監訳/訳:
五十嵐和彦 東北大学大学院医学系研究科生物科学分野 教授
深水昭吉 筑波大学生命領域学際研究センター 教授
山本雅之 東北大学大学院医学系研究科医化学 教授
ISBN 978-4-89592-697-3
定価 10,260円(本体9,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A4変 頁448 図639 4色
刊行年月 2012/02
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

1 遺伝子調節の階層
2 クロマチンの構造
3 遺伝子調節におけるクロマチン構造の役割
4 転写の過程
5 転写因子と転写調節
6 転写後の過程
7 転写後調節
8 遺伝子調節とシグナル伝達経路
9 胚発生における遺伝子調節
10 細胞種特異的な遺伝子発現の調節
11 遺伝子発現調節と癌
12 遺伝子調節とヒト疾患
13 まとめと将来の展望

目次詳細