総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学 » 基礎医学一般 » ギルバート発生生物学

ギルバート発生生物学 このページを印刷する

発生生物学の代名詞“ギルバート”待望の邦訳

●発生生物学の“バイブル”として長らく世界中の読者に支持され、原著は第10版を重ねる。
●多様な生物の発生現象を図鑑のような美しい写真と図で解説。
●ギルバート博士がひとりで書き上げた文章はわかりやすく、学ぶのが楽しくなる。と同時に発生生物学の奥深さが伝わってくる。
●古典から現代的トピックまで、発生生物学を体系的に説明。再生医学やiPS研究,幹細胞学,生殖生物学につながる基礎をも解説。
●専門用語は丁寧に定義され、入門者にわかりやすく、専門家にも役立つ。
●生物・農学などバイオ系や、医学・薬学・歯学系・獣医学などの学生、研究者のための定番テキスト。

原著タイトル Developmental Biology, 10th Edition
監訳:
阿形清和 京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 生物物理学教室 分子発生学 教授
高橋淑子 京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 動物学教室 動物発生学 教授
ISBN 978-4-89592-805-2
定価 10,800円(本体10,000円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A4変 頁864 図705・写真800
刊行年月 2015/03
取扱書店を探す

冊数 購入する


関連書籍

ウォルパート発生生物学

原著タイトル:Principles of Development, 4th Edition
監訳: 武田洋幸 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻動物科学大講座動物発生学研究室 教授 田村宏治 東北大学大学院生命科学研究科生命機能科学専攻細胞機能構築統御学講座器官形成分野 教授
  • 定価:10,260円(本体9,500円+税8%)
  • 刊行年月:2012/08/01