あたらしい人体解剖学アトラス

解剖学アトラスの”ネオ・クラシック”
●すでに数多く出版されてきた人体解剖学アトラスを客観的に分析、その弱点を見極め克服し、とくに初学者の学生にとっての使いやすさを徹底的に追究。 ●解剖学の授業での使用に最も適した内容はかくあるべき、というヴィジョンにもとづいた教育的アトラスとして編集されており、何をどこまで学び覚えるべきかという観点から、情報を整理、厳選し、わかりやすく提示している。 全体のみならず、対象となる器官にフォーカスした局所解剖図を豊富に収載。 実際に解剖を行う順番に従って、同じ部位の体表面から深部へと図を並べて掲示。 解剖図はすべて、CG(コンピュータグラフィックス)によって表現されている。 配色と濃淡により、注目すべき部位が際立つように描き分ける。 解剖学的な正確さに基づき、手描きでは到底困難な表現を実現している。 深部を透かして見せる表現技法(ゴースト)の採用により、容易に立体的な構造の理解ができる。 体表面の輪郭を線画、各部位の位置関係が把握しやすい。 各器官の部位を指し示す引き出し線の数を絞り込み、どの解剖図もすっきり、はっきり見える。 ●本格的、標準的な解剖学アトラスとして必要十分な情報量を保持しつつ、ムダあるいは当面は不要な部分を徹底的に削ぎ落とすことでスリム化を実現、結果的に廉価にも到達した。
¥7,700 税込
原著タイトル
Lippincott Williams&Wilkins Atlas of Anatomy
原著者
Patric W.Tank ・Thomas R.Gest
原著者: Patrick W.Tank Thomas R.Gest 訳: 佐藤達夫 東京医科歯科大学名誉教授/東京有明医療大学学長
ISBN
978-4-89592-595-2
定価
¥7,700 税込
判型/ページ数/図・写真
A4変 頁464 図750
刊行年月
2009/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第1章 背部
第2章 上肢
第3章 下肢
第4章 胸郭
第5章 腹部
第6章 骨盤と会陰
第7章 頭頸部
第8章 自律神経系

2017-11-09

142ページのA.右膝, 前方からの図

(誤)骨頭
(正)骨頭

2014-07-10

116ページのA.前方からの図

誤:長趾(指)伸筋
正:長趾(指)伸筋

2013-09-24

45ページのA.後方からの図

(誤)円筋
(正)円筋

2013-09-24

47ページのA.浅層からの図

(誤)上腕三頭筋の
(正)上腕三頭筋の外側

2013-09-24

63ページのA.浅層からの図

(誤)母指転筋
(正)母指転筋

2010-05-11

p.108 右側上から3つ目

(誤)腹壁動脈
(正)腹壁動脈

2010-05-11

p.424 右段下から9行目

(誤)上腹壁動脈 108
(正)削除

2010-05-11

p.425 右段下から5行目

(誤)浅腹壁動脈 104,148
(正)浅腹壁動脈 104,108,148

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ