よくある症状-見逃せない疾患 - デキる臨床医はこのように考える -

36症例の検討を通して”デキる”臨床医の考え方を知る
初期診療においてよく遭遇する、コモンな主訴を呈する36症例を提示し、それぞれについてさまざまな角度からQ&Aで論述する。診療の過程で変化する臨床状況に対応しながら、診断から治療への考え方と手順の流れに沿って内容が展開していく。現場の臨場感にあふれた記述でイメージトレーニングがしやすく、診療のポイントがわかり、”デキる”医師の考え方が身につけられる。チュートリアル、BSL、臨床研修医に恰好の書であり、言わずもがな指導医にも有用。
¥4,840 税込
原著タイトル
Common Clinical Cases: A Guide to Internship
原著者
Sanjaya Senanayake
監訳: 大西弘高 東大医学教育国際協力研究センター講師
ISBN
978-4-89592-468-9
定価
¥4,840 税込
判型/ページ数/図・写真
A4変 頁404 図・写真9
刊行年月
2007/3/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

1章 Nguyen氏とFennech夫人の胸痛
2章 胸痛を訴えるKhan氏
3章 胸痛を訴えるWinters氏
4章 動悸と息切れがあるFridaさん
5章 息切れと血痰を呈するAnnikaさん
6章 息切れを訴える喘息の女性
7章 息切れと腹部腫瘤を伴うCOPD患者
8章 吐血を呈するMason夫人
9章 急に出現した腹痛を訴えるTimothyさん
10章 血性の下痢を訴えるAnoushkaさん
11章 錯乱をきたした肝硬変患者
12章 右半身の脱力を訴えるPerez氏
13章 痙攣のため搬送されてきたMarwanさん
14章 下肢筋力低下を訴えるFlint夫人
15章 頭痛を訴えるQuixote氏
16章 英語を話せないある男性の高カリウム血症
17章 代謝性アシドーシスを呈するSasha君
18章 急性の膝痛を訴える症例
19章 顎が痛むPanetta夫人
20章 針刺ししちゃったEmmanuel
21章 McGyverさんの術後の発熱
22章 HIV感染に伴う発熱で来院したBobbyさん
23章 熱と頭痛のために来院したSachinさん
24章 発熱と発疹をきたしたJean-Paulさん
25章 発熱と咳嗽を訴えるRubyさん
26章 抗菌薬のアナフィラキシーを起こしたEdison氏
27章 貧血を呈するDarcy氏
28章 輸血中に発熱をきたしたWayne氏
29章 Papadopoulos氏の低ナトリウム血症
30章 錯乱状態を訴えるCaesar氏
31章 病棟での見せかけの高血圧と本物の高血圧の症例
32章 血栓の症例
33章 輸液
34章 薬物を過剰摂取したVan Dyke夫人
35章 急性の下肢疼痛を訴えるWilson氏
36章 Brunoさんの急性側腹部痛

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ