一目でわかる腎臓 第2版

まさに一目瞭然、腎臓に関するポイントをしっかり掴む
器官系統別「一目でわかる」シリーズ最新刊。腎臓の構造と機能から診断・治療までを、全51章(教程)に凝縮。1章は原則見開き2頁で完結、左にわかりやすい図、右に解説文を配した構成で、容易に要点を掴むことができる。改版に際し、研究の進展著しい分子生物学と生理学の新知見を踏まえ内容を更新し、妊娠に関する章を追加。医学生・看護学生の入門テキストとして最適。
¥3,520 税込
原著タイトル
The Renal System at a Glance, 2nd Edition
原著者
Chris A. O'callaghan
訳: 飯野靖彦 日本医科大学腎臓内科教授
ISBN
978-4-89592-473-3
定価
¥3,520 税込
判型/ページ数/図・写真
A4変 頁132 図・写真49
刊行年月
2007/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

I 総論
1腎臓:構造の概略
2腎臓:機能の概略
3腎臓システムの発生
4腎疾患の臨床所見
5腎臓:検査と画像診断

II腎臓の基礎知識
6腎臓でのナトリウム調節
7腎臓でのカリウム調節
8腎臓での酸塩基と緩衝系の考え方
9腎臓での酸塩基調節
10カルシウム、リン酸、マグネシウム代謝
11腎臓と水の調節
12エリスロポエチンと腎疾患における貧血
13腎血管の働き
14薬物と有機分子の腎臓での排泄
15腎臓の薬理:利尿薬

III腎臓の代謝機能異常
16遺伝性尿細管輸送障害
17体内ナトリウムと水の調節
18ナトリウムと水代謝の異常
19低ナトリウム血症と高ナトリウム血症
20浮腫状態:ナトリウムと水分の貯留
21カリウム代謝調節
22低カリウム血症と高カリウム血症
23二価イオンの調節とリン、マグネシウムの異常
24低カルシウム血症と高カルシウム血症
25酸塩基調節と酸塩基異常に対する反応
26酸塩基代謝の臨床的異常と代謝性アシドーシス
27代謝性アルカローシス、呼吸性アシドーシス、呼吸性アルカローシス
28腎尿細管性アシドーシス

IV腎疾患の病態
29糸球体疾患:総論
30糸球体病理所見とその関連疾患
31糸球体を障害とする特殊な疾患
32尿細管間質疾患
33蛋白尿とネフローゼ症候群
34高血圧:原因と臨床的評価
35高血圧:合併症と治療
36糖尿病と腎臓
37腎血管疾患
38多発性嚢胞腎
39急性腎不全:病態生理
40急性腎不全:臨床
41慢性腎不全と腎性骨疾患
42慢性腎不全:臨床上の合併症とその管理
43透析による腎不全の治療
44腹膜透析と持続血液炉過
45腎臓移植
46尿路感染
47腎尿路結石
48腎尿路腫瘍
49妊娠と腎臓

V症例検討
50自己評価のための症例検討
51症例検討:解答と解説

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ