妊娠・授乳女性の薬ハンドブック 第3版 アップデート版

薬を的確に処方するための定評ある手引書、内容を更新
妊娠や授乳女性への安全な処方に必要な、最新の薬剤情報を要領よくまとめた定評ある手引書。日常よく妊婦や授乳女性に使用される253の薬剤を一般名の50音順に並べ、各々について「適応と勧告」「妊娠中の特別配慮事項」「用量」「副作用」「作用機構」「吸収と生体内変化」の順で最新情報を簡潔に提示する。索引は、一般名、商品名(和・英対応)、薬物分類別索引と充実。この度掲載全薬剤の商品名、剤型、製薬会社名を最新のものとし、アップデート版とした。
¥11,000 税込
原著タイトル
Handbook for Prescribing Medications During Pregnancy,3rd Edition
訳: 柳沼忞 元東京大学医学部准教授/癌研究会総合検診センター女性専科長/浜田山産婦人科・内科部長 医学博士
ISBN
978-4-89592-569-3
定価
¥11,000 税込
判型/ページ数/図・写真
B5  頁516
刊行年月
2008/9/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

●薬の説明(50音順)
●付録
A,ビタミン類と鉱質類
B,抗悪性腫瘍薬類
C,産科患者の免疫化
●薬効別分類索引
●索引

2008-12-04

P54 HMG-CoA還元酵素阻害薬類 一般名と表品名の表 3行目

(誤)
ロバスタチンの商品名「クレストール」[アストラゼネカ](錠2.5・5mg)を削除

(正)
ロバスタチンは日本では未発売である。

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ