ワシントン外科マニュアル 第3版

”もう一つ”のレジデントのバイブル
内科でも外科でも 内科医も外科医も
内科治療のバイブル「ワシントンマニュアル」と相補的に活用されるべく、ワシントン大学外科講座のレジデントとスタッフにより執筆された、外科診療の実践マニュアル、改訂新版。外科領域全般を網羅し、診断や治療法を的確かつ簡潔に解説。改訂に際し情報のアップデートはもちろん、解剖・生理やTNM分類などの項目が増強、さらに充実した内容となった。外科研修医に必携、指導医・専門医の知識の整理や、さらに内科医にも良質のレファレンスとして有用。
¥8,800 税込
原著タイトル
The Washington Manual of Surgery, 5th Edition
監訳:住永佳久 東京北社会保険病院病院長 小西文雄 自治医科大学附属さいたま医療センター外科教授 宮田道夫 佐久大学学長/自治医科大学名誉教授 高久史麿 自治医科大学学長
ISBN
978-4-89592-622-5
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁976 図30
刊行年月
2009/11/30
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第1章 外科患者における一般的診療および周術期ケア
第2章 栄 養
第3章 救命処置と麻酔
第4章 体液,電解質,酸塩基平衡異常
第5章 止血機構と輸血療法
第6章 創傷治癒と処置
第7章 集中治療
第8章 食 道
第9章 胃
第10章 小 腸
第11章 急性腹痛と虫垂炎
第12章 結腸,直腸,肛門
第13章 膵 臓
第14章 肝臓の外科的疾患
第15章 胆道外科
第16章 脾 臓
第17章 脳血管障害とブラッドアクセス
第18章 胸腹部血管疾患
第19章 閉塞性動脈疾患
第20章 静脈疾患,血栓塞栓症,リンパ浮腫
第21章 内分泌外科
第22章 外傷外科
第23章 移 植
第24章 熱 傷
第25章 皮膚および軟部腫瘍
第26章 ヘルニア
第27章 乳腺疾患
第28章 耳鼻咽喉科:頭頸部外科学
第29章 形成外科と手の外科
第30章 心臓手術
第31章 胸部外科
第32章 小児外科
第33章 脳神経外科的救急疾患
第34章 整形外科的外傷
第35章 泌尿器外科
第36章 産科と婦人科
第37章 小外科・外科的処置

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ