外科エラーブック

「誰かが教えてくれていたら・・・」とは もう言わせない

  • 臨床現場でいつでも起こりうるエラー(過ち)の対処法を、ERから手術室、病棟、ICUまで外科に関わるテーマ10領域、計186項目で具体的に解説。

  • 各項目2~3頁程度で簡潔にまとめられており、「やるべきこと」「やるべきでないこと」「注意せよ」といった見出しのもと、エラーをいかに回避すべきかが説明されている。

  • マニュアルや教科書では語り尽くせない、先輩からの教え=耳学問として蓄積されてきたような経験に基づく知識の粋を凝縮。

  • 救急・外科系の研修医や指導医・専門医を中心に幅広く有用。

¥6,050 税込
原著タイトル
Avoiding Common Surgical Errors
原著者
Lisa Marcucci, Micheal J. Moritz, Harbert Chen
監訳:須崎紳一郎 武蔵野赤十字病院 救命救急センター 部長
ISBN
978-4-89592-660-7
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁432 図8・写真17
刊行年月
2010/11/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

1 ER
2 手術室
3 薬物
4 ライン、ドレーン、チューブ
5 創傷
6 出血
7 消化管
8 病棟
9 ICU
10 臨床検査

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ