考える腎臓病学

なぜそうなるのか、何をすべきか、
考えながら読み進めると、生きた知識が身につく
だから よくわかる!
  • 腎臓の機能・構造から、水電解質・酸塩基平衡や具体的な疾患にいたるまで、腎臓病学の全体像をコンパクトに凝縮。

  • ポイントの理解レベルを確認すべく適宜設問を設定。単なる知識の蓄積を目的とせず、答えに至るまでの思考のプロセスを重視し、順序立てて解説を加え、最終的に腎臓病に対する理解が深まることを目指している。

  • 医学生・研修医の予復習に最適であり、体液調整の要である腎臓や腎機能の障害に対する理解が求められる臨床家の知識の整理に有用。

¥4,400 税込
著者
著:谷口茂夫 東京厚生年金病院 副院長
ISBN
978-4-89592-669-0
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁248 図28
刊行年月
2011/3/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

1 腎臓の構造と機能
2 体液量のバランスとその異常
3 血清ナトリウムの調整と異常
4 血清カリウムの調整と異常
5 カルシウムとリンの調整と異常
6 酸塩基平衡の調整と異常
7 輸液と利尿薬
8 腎疾患の検査所見
9 さまざまな腎疾患
10 急性腎不全
11 慢性腎不全
12 尿毒症と腎代替医療

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ