現代の医学的研究方法 - 質的・量的方法、ミクストメソッド、EBP -

最適な研究手法を導く力を身につける

医学的研究の手法としてこれまで広く実施されてきた質的方法・量的方法に加え、このふたつを統合した手法として近年大きな潮流となりつつあるミクスメソッドに関し、具体例を引きつつ明快に解説。ひとつの方法論に偏ることなく、リサーチクエッションに合わせて最適な方法を選択する力を身につけることを目指している。量的研究を中心に解説した好評書「医学的研究のデザイン」の訳者が姉妹書として見出し位置づけ、翻訳に際しては訳語を吟味・精選。医学および広く保健医療分野で研究に携わる読者に実践的知識を提供する。

¥5,280 税込
原著タイトル
Research Methods in Health:Foundations for Evidence-Based Practice
訳: 木原雅子 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野准教授/国連合同エイズ計画共同センター長 木原正博 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野教授
ISBN
978-4-89592-714-7
判型/ページ数/図・写真
B5 頁450 図17
刊行年月
2012/5/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ