EULAR リウマチ性疾患超音波検査テキスト

「我流」から「標準」へ!
世界のエキスパート達によるテキスト、決定版!
ヨーロッパリウマチ学会(EULAR)の超音波講習会カリキュラムを踏襲し、物理学的な原理、原理から派生するピットフォールといった基礎的事項をしっかり解説。初学者がつまづきやすい、解剖学的な部位関係や疾患の位置特定を、各画像に矢印や記号を用いて理解しやすく明示。さらに応用としてガイド穿刺や造影検査についても章を設けて言及。全685枚の病態の画像はデータバンクとして鑑別にも有用。この一冊で入門から応用レベルまでカバーできるテキスト。
¥16,500 税込
著者
監訳:大野滋 横浜市立大学附属市民総合医療センターリウマチ膠原病センター 准教授 訳:池田啓 千葉大学医学部附属病院アレルギー・膠原病内科 助教   瀬戸洋平 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター内科 助教
ISBN
978-4-89592-718-5
判型/ページ数/図・写真
A4変 頁388 図・写真・表751 4色
刊行年月
2012/6/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part I リウマチ性疾患における超音波検査の基礎
1 超音波の物理
2 Doppler超音波のピットフォール
3 グレースケールアーチファクトのピットフォール
4 超音波装置の購入
5 正常関節

Part II 超音波検査による病理
6 滑膜炎
7 骨びらんの検出
8 腱
9 付着部炎
10 軟骨
11 末梢神経
12 筋

Part III リウマチ性疾患の診断と管理における超音波検査
13 関節リウマチ
14 変形性関節症
15 脊椎関節炎
16 結晶関連関節疾患
17 唾液腺
18A 小児患者での超音波検査の使用
18B 小児の下肢付着部炎
19 軟部組織リウマチ
20 肩
21 スポーツ医学における超音波検査
22 血管炎

Part IV 超音波テクニック
23 超音波検査を用いたインターベンション
24 造影超音波検査

Part V トレーニングと教育
25A リウマチ性疾患における超音波検査のトレーニングと教育:目的と挑戦
25B リウマチ性疾患における超音波検査のトレーニングと教育:ヨーロッパにおける経験
25C リウマチ性疾患における超音波検査のトレーニングと教育:米国における経験
25D リウマチ性疾患における超音波検査のトレーニングと教育:アジアにおける経験
25E リウマチ性疾患における超音波検査のトレーニングと教育:ラテンアメリカとカリブ諸国における経験
26 筋骨格系超音波検査の今後の進歩

おすすめ商品
この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ