関節のMRI 第2版

関節MRI診断のオンリーワンテキスト、待望の改訂
日常診療において今や必要不可欠となった骨関節領域におけるMRI診断の本格テキスト、6年ぶりの大改訂。初版発行後の3T装置も含めたMRIの進歩と最新画像を充分に取り込み,初版では不十分だった疾患呈示の網羅性を実現,300頁を超える増頁となった.また、関節リウマチや脊椎関節炎などでの診療内容の変化を踏まえ、内容を充分にアップデート。画像診断医,整形外科医,リウマチ医をはじめ運動器疾患の診療に関わる全ての臨床医の診療と,これから専門医を目指す放射線科と整形外科の専攻医にとって必読の書。
¥16,500 税込
編集: 福田国彦 東京慈恵会医科大学放射線医学講座教授 杉本英治 自治医科大学医学部放射線医学講座教授 上谷雅孝 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線診断治療学教授 江原茂 岩手医科大学放射線医学講座教授
ISBN
978-4-89592-732-1
判型/ページ数/図・写真
B5 934頁 図210・写真1670
刊行年月
2013/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Ⅰ.関節のMRI 解剖

Ⅱ.関節の撮像法
  1.基本的撮像法   
  2.目的別撮像法

Ⅲ.関節疾患(総論)
  3.関節炎  
  4.感染症 
  5.骨壊死とその関連疾患
  6.外傷・障害  
  7.腫瘍・腫瘍類似疾患 
  8.発達異常,先天異常

Ⅳ. 関節疾患(各論)
  9.肩関節  
  10.肘関節 
  11.手関節と手
  12.股関節
  13.膝関節
  14.足関節と足部
  15.顎関節
  16.脊椎疾患
  17.頸 椎
  18.胸椎・腰椎
  19.仙椎・仙腸関節  

2016-07-14

p.559 本文 上から8~9行目

(誤)単純X線写真では,正面像で頸骨外側顆の側面に沿って細長い骨片がみられる(図13-20).
(正)単純X線写真では,正面像で頸骨外側顆の側面に沿って細長い骨片がみられる(図13-21).

2013-05-20

p.401 図9-46説明文末尾の出典

(誤)(文献66)より許可を得て転載)
(正)(文献56)より許可を得て転載)

2013-05-20

p.766 下から5行目

(誤)脊索の遺残(notochord remnant)に由来する悪性骨腫瘍である
(正)脊索細胞由来の悪性骨腫瘍で,多くの例では良性脊索細胞腫を前駆病変として発生すると考えられている

2013-05-20

p.767 BOX 16-27 上から1行目

(誤)脊索の遺残(notochord remnant)に由来する悪性骨腫瘍
(正)脊索細胞に由来する悪性骨腫瘍で,良性脊索細胞腫から悪性転化して生じることが多い.

2013-05-20

p.770 下から17行目

(誤)脊索の遺残(notochord remnant)に由来する良性骨腫瘍
(正)脊索細胞に由来する良性骨腫瘍

2013-05-20

p.771 BOX 16-28 上から1行目

(誤)脊索の遺残(notochord remnant)に由来する良性骨腫瘍
(正)脊索細胞に由来する良性骨腫瘍

2013-05-20

p.821 図17-25説明文末尾の出典

(誤)戸山芳:頸椎.国分正一・他監修 標準整形外科学 第10版,医学書院,2008:425-455より改変)
(正)戸山芳:頸椎.国分正一・他監修 標準整形外科学 第10版,医学書院,2008:449より改変)

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ