チーム医療のための 血液がんの標準的化学療法

連携を円滑に行うための”共通の場”
血液がんの化学療法にともなう有害事象に対する理解と対処、支持療法を中心に解説しつつ、チーム医療をスムーズに行うための“共通の場”を提供することを目指したマニュアル。医師・看護師・薬剤医師等による相互チェック作業の重要性を説く。薬剤や疾患に関しては、実際の医療現場で絶えず確認すべき項目を整理して記載し、疫学、病態生理、診断等に関しては薬物治療との関係において必要最小限をその治療との関係で示す。治療に直接携わる医師をはじめ、コメディカルにとっても必要な知識を提示する。
¥7,040 税込
監修: 直江知樹 名古屋医療センター院長 堀部敬三 名古屋医療センター臨床研究センター長・小児科部長
ISBN
978-4-89592-758-1
判型/ページ数/図・写真
A5変 480頁 図57
刊行年月
2013/10/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ