カンデル神経科学

脳科学の頂点
「カンデル神経科学」特設ページはこちら!
  • ノーベル賞を受賞したエリック・カンデルによる神経科学のグローバルスタンダード、最新第5版の邦訳。

  • 全9パート、67章にて構成。「脳科学」を包括的に解説する最も信頼できる教科書。

  • ニューロンの分子生物学から、認知、知覚、運動、思考・記憶などの高次機能、精神・神経疾患の基礎、システム脳科学を詳述。

  • 読みやすい日本語訳と、美しく見やすい1,007点のフルカラー図版。

  • 医学、リハビリテーション、理学、工学、心理学、経済学、哲学などさまざまな学問領域の基礎としての「人間を知るための科学的基盤」を与えてくれる本。

  • 初学者から専門研究者・医師まで、知識を共有できる一冊。

¥15,400 税込
著者
日本語版監修: 金澤一郎 国際医療福祉大学大学院 院長 宮下保司 東京大学大学院医学系研究科統合生理学分野 教授
ISBN
978-4-89592-771-0
判型/ページ数/図・写真
A4変 1696頁 図1,007 フルカラー 
刊行年月
2014/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part I 概 論 Overall Perspective [岡野 栄之]
Part II 神経細胞の細胞・分子生物学 Cell and Molecular Biology of the Neuron [和田 圭司]
Part III シナプス伝達 Synaptic Transmission [加藤 総夫]
Part IV 認知の神経基盤 The Neural Basis of Cognition [入來 篤史]
Part V 知 覚 Perception [藤田 一郎]
Part VI 運 動 Movement [伊佐 正]
Part VII 無意識下および意識下の神経情報処理 The Unconscious and Conscious Processing of Neural Information [定藤 規弘]
Part VIII 神経発生と行動の発現 Development and the Emergence of Behavior [大隅 典子]
Part IX 言語,思考,情動,学習 Language, Thought, Affect, and Learning [笠井 清登]

2016-09-21

457頁 右段 17行目

(誤)あるいはの周波数範囲は
(正)あるいはの周波数範囲は

2015-10-09

11頁 図1-4

(誤)一次聴覚野と角回の近くにあり,聴覚入力を他の感覚情報と結び付ける。
(正)一次聴覚野と角回(聴覚入力を他の感覚情報と結び付ける領域)の近くにある。

2014-07-15

858頁 右段 下から4行目

(誤)一次運皮質において
(正)一次運皮質において

2014-07-15

891頁 左段 3行目

(誤)2つの中間層および深層の神経活動は
(正)中間層および深層の神経活動は

2014-07-15

902頁 右段 下から2行目

(誤)水平(外側)半規管(horizontal lateral semicircular canal),前半規管(anterior superior semicircular canal)
(正)水平(外側)半規管(horizontal/lateral semicircular canal),前(上)半規管(anterior/superior semicircular canal)

2014-07-15

1346頁 左段 下から14行目

(誤)認知行動科学の「認知」という表現は情報処理(information processing)にわる用語として
(正)認知神経科学の「認知」という表現は情報処理(information processing)にわる用語として

2014-07-07

760頁 右段最終行~761頁 左段1行目

(誤)運動単位は疲労しにくいものほどに動員される。
(正)運動単位は疲労しにくいものからに動員される。

2014-06-13

115頁 図5-14,487頁 右段 下から5行目,487頁 右段 下から3行目,487頁 右段 下から1行目,1050頁 図47-10,1051頁 表47-2

(誤)腹内側核
(正)内側腹側核

2014-06-13

357頁 右段 下から30行目

(誤)内側毛帯が終止する複側後外側核の細胞は
(正)内側毛帯が終止する後外側腹側核の細胞は

2014-06-13

358頁 図16-4 図中文字

(誤)後外腹側核
(正)後外側腹側核

2014-06-13

359頁 図16-5 図中文字

(誤)外腹側核
(正)外側腹側核

2014-06-13

363頁 図16-9 図中文字

(誤)視床腹外側核
(正)視床外側腹側核

2014-06-13

364頁 左段 下から6行目,1062頁 図48-6

(誤)腹外側核
(正)外側腹側核

2014-06-13

390頁 図18-1

(誤)PM,前運動皮質
(正)PM,運動前皮質

2014-06-13

414頁 図19-5

(誤)腹側の枝は,他者の動作を観察したときに,その動作の目的を理解するうえで重要な
(正)背側経路の腹側の枝は,他者の動作を観察したときに,その動作の目的を理解するうえで重要な

2014-06-13

517頁 左段 4行目

(誤)前頭皮質の運動野および前運動野
(正)前頭皮質の運動野および運動前野

2014-06-13

538頁 右段 下から1行目

(誤)特に内側核と後腹側内側核から直接の投射を受ける。
(正)特に内側核群と後内側腹側核から直接の投射を受ける。

2014-06-13

697頁 図31-15

(誤)背側視床内側核(DLM)と前新線条体の
(正)背外側視床内側核(DLM)と前新線条体の

2014-06-13

716頁 図32-13 図中文字,721頁 左段 3行目

(誤)視床腹側後内側核
(正)視床後内側腹側核

2014-06-13

967頁 図43-5(3カ所)

(誤)視床外腹側核
(正)視床外側腹側核

2014-06-13

1050頁 図47-10 図中文字

(誤)視床下部腹内側核
(正)視床下部内側腹側核

2014-06-13

1365頁 右段 下から13行目,1365頁 右段 下から12行目

(誤)内背側核
(正)背内側核

2014-06-13

1589頁 左段 4行目

(誤)運動前皮質 825, 851
(正)運動前皮質 390f, 825, 851

2014-06-13

1590頁 右段 21行目

(誤)外側腹側核 964, 966
(正)外側腹側核 359f, 964, 966

2014-06-13

1591頁 左段 12行目

(誤)外腹側核,視床の 359f
(正)削除

2014-06-13

1600頁 右段 1行目

(誤)視床腹外側核,運動系の連係における 363f
(正)視床外側腹側核,運動系の連係における 363f(位置も移動)

2014-06-13

1600頁 右段 2行目

(誤)視床腹側後内側核 721
(正)視床後内側腹側核 721(位置も移動)

2014-06-13

1607頁 左段 24行目

(誤)前運動皮質 390f
(正)削除

2014-06-13

1616頁 左段 19行目

(誤)背側視床内側核(DLM),鳴鳥の歌回路の 697f
(正)背外側視床内側核(DLM),鳴鳥の歌回路の 697f(位置も移動)

2014-06-13

1618頁 中段 下から10行目

(誤)腹内側核,視床の 487
(正)内側腹側核,視床の 487(位置も移動)

2014-06-13

1630頁 右段 下から2行目

(誤)DLM(背側視床内側核) 697f
(正)DLM(背外側視床内側核) 697f

2014-06-13

390頁 図18-1 図中文字

(誤)MI
(正)M1

2014-05-13

75頁 図4-5C

(誤)マイクロフィラメントにも極性がある。
(正)ミクロフィラメントにも極性がある。

2014-05-13

80頁 図4-9

(誤)行性輸送される単純ヘルペスウイルス株
(正)行性輸送される単純ヘルペスウイルス株

2014-05-13

119頁 図5-17C

(誤)大腸菌ClC Cl-/H+交換輸送体の
(正)大腸菌ClC H+/Cl-交換輸送体の

2014-05-13

216頁 右段 6行目

(誤)実際にはグルタミン残基ではなくアルギニン残基を
(正)実際にはアルギニン残基ではなくグルタミン残基を

2014-05-13

390頁 図18-1

(誤)Pro,眼窩前皮質
(正)Pro,眼窩前皮質

2014-05-13

393頁 左段 下から5行目

(誤)観念運動失行(ideomotor apraxia)
(正)観念運動失行(ideomotor apraxia)

2014-05-13

501頁 右段 下から1行目

(誤)Gören Westling
(正)Göran Westling

2014-05-13

710頁 左段 下から8行目

(誤)鋤鼻器と嗅皮質とでは
(正)鋤鼻器と嗅上皮とでは

2014-05-13

786頁 BOX 35-3 左段 1行目

(誤)Goldi tendon organ
(正)Golgi tendon organ

2014-05-13

845頁 左段 19行目

(誤)教師学習である。
(正)教師あり学習である。

2014-05-13

845頁 左段 24行目

(誤)教師学習(supervised learning)では
(正)教師あり学習(supervised learning)では

2014-05-13

1006頁 右段 24行目

(誤)迷走神経背側核(dorsal motor vagal nucleus)
(正)迷走神経背側運動核(dorsal motor vagal nucleus)

2014-05-13

1348頁 左段 下から8行目

(誤)Christopher Koch
(正)Christof Koch

2014-05-13

1648頁 中段 29行目

(誤)Koch,Christof 17, 381
(正)Koch,Christof 17, 381, 1348

2014-05-13

1648頁 中段 30行目

(誤)Koch,Christopher 1348
(正)削除

2014-05-12

x頁 右段 下から12行目

(誤)生情報研究系
(正)生情報研究系

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ