総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » INTENSIVIST » INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2009年3号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2009年3号 このページを印刷する

特集:AKI

  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究 会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。
  • 各施設独自の「自己流」の診療を見直し、世界標準の集中治療を理解し実践するための情報を提示する。
  • 本誌が目指すのはCritically ill patientを中心に据え、さまざまな分野からのアプローチによりCritically illの立体像を描き出そうという挑戦的な試み。
  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。
  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。

ISBN 978-4-89592-593-8
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2009/07
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

1. 急性腎不全とは:急性腎不全 ARF/急性腎傷害AKIの全体像を捉える
聖マリアンナ医科大学病院 腎臓高血圧内科 柴垣 有吾

2. 新しいAKIの概念とその診断基準
東京慈恵会医科大学 麻酔科 集中治療部 内野 滋彦

3. 病態生理
(1)病理組織からみたAKI:組織構築と機能および病態別各論
神戸大学医学部附属病院 病理診断科 原 重雄・伊藤 智雄

(2)細胞レベルからみたAKI:虚血性AKIを中心に
東京大学医学部附属病院 腎臓内分泌内科・血液浄化療法部 土井 研人

(3))humoral mediatorからみたAKI:ベンチからベッドへのトランスレーション
浜松医科大学 第一内科 安田 日出夫

【コラム】AKIの病態生理:急性尿細管壊死と腎前性腎不全という言葉の意義
内野 滋彦

4. AKIの診断・検査:その常識にチャレンジする
(1)病歴と身体所見:病歴聴取のポイントと原因特定につながる重要な身体所見
聖マリアンナ医科大学病院 腎臓高血圧内科 谷澤 雅彦・柴垣 有吾

(2)一般検査:各種マーカーの見方と尿検査の適切な使い方
東京大学医学部附属病院 腎臓内分泌内科 河原崎 宏雄/柴垣 有吾

(3)バイオマーカー:新規バイオマーカーの有効性と妥当性
聖マリアンナ医科大学病院 腎臓高血圧内科 松井 勝臣・池森 敦子・木村 健二郎

5. AKIの予防,治療,管理
(1)一般的予防策,初期治療:AKI患者を診る腎臓内科医は何を考えているのか?
奈良県立医科大学 卒後臨床研修センター 赤井 靖宏

(2)フロセミドとアルブミン:利尿薬,アルブミンの使用は予後を改善するのか?
東北大学大学院 腎高血圧内分泌学分野・医化学分野 相馬 友和

(2)sepsisと免疫グロブリン製剤
聖マリアンナ医科大学 救急医学 柳井 真知・藤谷 茂樹

(3)血管作動薬:ドパミン,ノルアドレナリン,バソプレッシンの腎臓への影響を考える
岡山大学病院 集中治療部 森松 博史

(4)栄養管理:AKI患者の代謝異常を考えての栄養管理の実際 
島根大学医学部附属病院 集中治療部 庄野 敦子
松江赤十字病院 麻酔科・集中治療室 橋本 圭司

【コラム】電解質(カルシウム,マグネシウム,リン)異常の原因,症状:なぜ補正が必要か,補正法について
沖縄県立八重山病院 内科 井澤 純一
沖縄県立中部病院 総合内科 金城 紀与史

【コラム】陽圧換気と腎機能
Beth Israel Medical Center 呼吸集中治療科 福永 真由子

6. AKI各論
(1)急性腎傷害(AKI)の保存的診療:造影剤腎症
京都大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科/先端医療センター 腎臓・血液浄化領域グループ  笠原 正登
先端医療センター 腎臓・血液浄化領域グループ 植田 浩司
京都大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科 向山 政志

【コラム】メタ解析にみる造影剤腎症の予防
内野 滋彦

(2)腹部コンパートメント症候群(ACS)とAKI:ACSとIAHの定義から診断,管理,予後まで
聖マリアンナ医科大学 救急医学 若竹 春明・藤谷 茂樹

(3)周術期AKI:そのリスクファクター,誘因,予防,治療
東京医科大学病院 麻酔科学教室 宮田 和人
自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 讃井 將満

(4)septic AKI:新しいコンセプトと推奨される治療戦略
岡山大学医学部 麻酔・蘇生学 集中治療部 江木 盛時

【コラム】心腎症候群Cardio-renal syndrome
聖路加国際病院 腎臓内科 小松 康宏

7. 薬物と腎臓
(1)薬物と腎不全:基礎編
杏林大学医学部 薬理学教室 櫻井 裕之

(2)腎不全時の薬物投与の実践的知識
熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター・臨床薬理学分野 平田 純生

8. Acute Kidney Injury and Japanese Intensive Care
Department of Intensive Cere, Austin Health, Melbourne, Australia Rinaldo Bellomo

9.「特集AKI」解説
(1)真の集中治療医と腎臓内科医のcollaborationによる専門性を超えた知識の再確認を
柴垣 有吾

(2)血液浄化を行う前に集中治療医として知っておくべきAKIの常識
讃井 將満

連載企画
◎集中治療に役立つ内科ベッドサイド診断学(米国内科専門医の内科診断学) 第2回:
EBMを実践しよう:治療の論文の読み方[パート1]
神戸大学医学部附属病院 総合診療部 平岡 栄治

◎集中治療医のための基礎医学101 第2回:
役立つ呼吸生理(続)
亀田総合病院 総合診療・感染症科 八重樫 牧人

◎ 八雲立つ不思議の国な,ICU 第3回:
「そうかもしれないけど…」と立ち止まってみること
橋本 圭司

◎ 集中治療室目安箱:ナース/ME,私の言い分 第3回:
集中ケア認定看護師について:
高度医療が求められるICUのケアと教育のスペシャリスト
自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 中川 温美

◎ ICUフェローからのメッセージ 第3回:
Surviving Sepsis Campaign Guidelinesは”余計なお世話”なのか?:
ガイドラインとの付き合い方がわかった3年間のオーストラリアICU留学
静岡県立こども病院 小児集中治療科 川崎 達也

◎ 第4回アメリカ臨床トレーニング雑感:
西と東と,酸味と甘味
University of California, San Diego(UCSD) 循環器科 臨床心臓電気生理フェロー 齋藤 雄司

◎ M&Mケースファイル 第3回:
入浴中に意識障害で発見された重症肺炎の死亡症例
JSEPTIC(日本集中治療教育研究会)

◎JSEPTIC(日本集中治療教育研究会)世話人座談会:
集中治療医育成プログラムの新たな試みて
聖マリアンナ医科大学 救急医学 藤谷 茂樹
自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 讃井 將満
沖縄県立八重山病院 外科 松浦 謙二
松江赤十字病院 麻酔科・集中治療室 橋本 圭司
静岡県立こども病院 小児集中治療センター 植田 育也
University of Queensland Centre for Clinical Research 林  淑朗

◎ 集中治療に関する最新厳選20論文
信州大学医学部 麻酔蘇生学 柴田 純平/藤谷 茂樹

◎日本集中治療教育研究会(JSEPTIC) 第2回FCCS体験記
(1)つらくはあったが,患者理解が深まった充実の2日間
仙台市立病院救命救急センター 看護師 冨田 敦子

(2)ICUで働くスタッフの共通言語,それがFCCS
日本大学医学部附属板橋病院 臨床工学技士室 中川 富美子

掲示板

次号目次