総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学一般 » 医学一般 » ウィリアム・オスラー ある臨床医の生涯

ウィリアム・オスラー ある臨床医の生涯 このページを印刷する

ウィリアム・オスラーは、世界の歴史上、
最も偉大な医師であったと言えるか?

本書は19~20世紀にかけて米国の医学教育の基礎をつくり、日本にも多大な影響を与えたウィリアム・オスラー博士のこれまでにない伝記である。ややもすると神格化されがちなオスラーを、膨大な資料の検証ときめ細かな調査に基づき、公正かつ客観的に、魅力的な"生身の人間"として描出。当時の社会や文化的背景も踏まえた医学史としても興味深い。医学生や臨床家が、現代医学の根底にある「医の哲学」を学び、考えるのに格好の書。またその生き方は、ひろく一般の読者をも魅了して止まない。

原著タイトル WILLIAM OSLER A Life in Medicine
監訳:梶龍兒 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚情報医学講座臨床神経科学分野 教授
訳:三枝小夜子
ISBN 978-4-89592-707-9
定価 3,888円(本体3,600円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5変 620頁 図3・写真38
刊行年月 2012/04
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

監訳者序:いまなぜオスラーなのか?
序:オスラーを解剖する
第1 章 アメリカ人のようにエネルギッシュな英国紳士
第2 章 ものの見方を知る:学生時代
第3 章 ベイビー・プロフェッサー
第4 章 最高の人材:フィラデルフィア
第5 章 ジョンズ・ホプキンズへ
第6 章 誰もが彼を崇拝している
第7 章 アメリカを代表する偉大な医師
第8 章 さらば,アメリカ
第9 章 快適な暮らしと快適な場所
第10 章 ウィリアム卿
第11 章 若者も,名のある人も
第12 章 杖を使うべからず
第13 章 オスラーの死後の生
注記と出典 534

序文

...