総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 画像医学・超音波医学 » MDCTの基本パワーテキスト

MDCTの基本パワーテキスト
 - CTの基礎からデュアルソース・320列CTまで - 
このページを印刷する

MDCTの基本原理から最新技術までを包括的に,しかも平易に解説した待望のテキスト

CTの基礎原理からMDCTの画質や被曝線量に関する必要な解説を経て,心臓CTや最新のデュアルソースCT,320列MDCTまでを,臨床に根ざし,読みやすくまとめた全く新しいオールカラーの解説書.心臓CT,ハイブリッドCTは独立した章を設けて解説し,知っておくべき画質改善と被曝低減の問題についても詳述.放射線科医,放射線技師や放射線科研修医、放射線科技師をめざす学生など、入門者にも最新の知識をアップデートしたいベテランにも最適なテキスト.

原著タイトル MDCT Physics: The Basics: Technology, Image Quality and Radiation Dose
監訳:
陣崎雅弘 慶應義塾大学医学部放射線診断科 准教授
翻訳:
百島祐貴 慶應義塾大学医学部放射線診断科 講師
ISBN 978-4-89592-652-2
定価 5,616円(本体5,200円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁208 写真178 図94 4色刷
刊行年月 2010/09
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

1章 はじめに
2章 従来型CT,ヘリカルCT,電子ビームCT:その背景
3章 多列検出器型CT(MDCT)
4章 MDCTのハードウェア構成
5章 MDCTの撮像パラメータと画質
6章 MDCTによる心臓イメージング
7章 放射線被曝
8章 放射線被曝対策
9章 ハイブリッドCT:PET-CTとSPECT-CT
10章 デュアルソースCT,320列MDCTと特殊な撮像法:CT透視とCT灌流画像
11章 品質管理と放射線防護
12章 MDCTの将来動向
付録I
付録II

目次詳細

関連書籍

MRIの基本パワーテキスト 第3版

原著タイトル:MRI:The Basics,3rd Edition
監訳:荒木力 山梨大学大学院医学工学総合研究部放射線医学 教授
  • 定価:7,020円(本体6,500円+税8%)
  • 刊行年月:2011/03/01

核医学の基本パワーテキスト

原著タイトル:Nuclear Medicine Physics:The Basics, 7th Edition
監訳: 井上登美夫 横浜市立大学大学院医学研究科放射線医学教授 山谷泰賀 放射線医学総合研究所分子イメージング研究センターチームリーダー
  • 定価:6,048円(本体5,600円+税8%)
  • 刊行年月:2013/04/01