腹部のCT 第3版

腹部CT診断のスタンダードテキスト、7年ぶりの全面改訂
腹部CT診断の必須知識を余すところなく解説した定番テキストが、日常臨床で活用できる本としての特長を一層強化。64列MDCTの普及に伴う画像所見の蓄積を踏まえ、最新の疾患分類や診療ガイドラインに対応するよう内容を更新。リンパ節、急性腹症と外傷の章を新設し、CT colonography(CTC)などの3次元カラー画像、局所解剖のカラー図を収載するなど、質量ともにさらに充実。放射線科医、腹部領域の各科臨床医、研修医必読・必備の書。
¥14,300 税込
編集:陣崎雅弘 慶應義塾大学医学部放射線科学(診断)教授
ISBN
978-4-89592-877-9
判型/ページ数/図・写真
B5 頁704 図142・写真1491
刊行年月
2017/4/13
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

I. 腹部の正常CT解剖
II. 検査法
III. 肝臓
IV. 胆嚢・胆管
V. 膵臓
VI. 脾臓
VII. 消化管
VIII. 副腎
IX. 腎臓
X. 腎盂・尿管・膀胱
XI. 腹膜腔 ・後腹膜腔
XII. 腹部大動脈・下大静脈
XIII. リンパ節(悪性リンパ腫とリンパ増殖性疾患を含む)
XIV. 急性腹症と外傷

2017-04-26

【正誤表】下記の箇所に誤りがございました。ここに訂正するとともに, 読者の方々に深くお詫びいたします。

p.67 
下から8行目 
(誤) fluminant hepatitis
(正) fulminant hepatitis

p.359
下から3行目 
p.371
下から5行目 
(誤) PEG (polyethylen glycol)
(正) PEG (polyethylene glycol)
 
p.402 
上から1行目 
(誤) transvers volvulus
(正) transverse volvulus
 
p.665
表14-1下 出典 
(誤) 文献6)より許可を得て転載
(正) 文献7)より許可を得て転載

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ