総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学関連科学 » 生命科学(ライフサイエンス) » 結末への道筋:アポトーシスとさまざまな細胞死

結末への道筋:アポトーシスとさまざまな細胞死 このページを印刷する

アポトーシス、ネクローシス、オートファジー細胞死……その解説は見事なまでに明快

アポトーシスを中心にさまざまな細胞死研究を総括し、コンパクトにまとめたテキスト。がんや免疫、発達障害などの原因解明や治療法開発への応用もカバーする。重箱の隅をつつくことに終始せず、根幹となる概念と最新知見も合わせて理解できるように周到に練られた章構成と読みやすい文体。入門者から専門家まで、医学、生物学、薬学、農学分野の大学院生、研究者に最適な書。

原著タイトル MEANS TO AN END Apoptosis and Other Cell Death Mechanisms
原著者 Douglas R. Green
監訳:長田重一 京都大学大学院医学研究科分子生体統御学講座医化学分野 教授
ISBN 978-4-89592-711-6
定価 4,752円(本体4,400円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5変 頁244 図192・写真80 4色刷
刊行年月 2012/06
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

序章
第1章 生と死の問題
第2章 カスパーゼとその基質
第3章 カスパーゼの活性化と阻害
第4章 アポトーシスのミトコンドリア経路-1
     MOMPとその周辺
第5章 アポトーシスのミトコンドリア経路-2
      BCL-2タンパク質ファミリー
第6章 アポトーシスのデスレセプター経路
第7章 他のカスパーゼ活性化機構
第8章 非アポトーシス性細胞死経路
第9章 死んだ細胞の埋葬―死細胞の除去とその後
第10章 発生における細胞死
第11章 細胞死とがん
第12章 死の未来

序文

...