総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学一般 » 医療統計学 » 臨床研究マイスターへの道 医科統計学が身につくテキスト

臨床研究マイスターへの道 医科統計学が身につくテキスト このページを印刷する

46章を読み進めるうちに、実践力が身につく、簡潔・明快なテキスト

幅広い領域にわたる医科統計学の全容を全46章(教程)にコンパクトにまとめた教科書。出来る限り数式を使わず初学者にもわかりやすく解説。ひとつの章は原則見開き2頁で完結、理論の理解にとどまらず、統計を“道具”として使いこなすための知識を提示。姉妹書「医科統計学が身につくドリル」との併用により、本書の理解度の確認ができる。医科統計学を学ぶすべての人に最適な入門テキスト。

原著タイトル Medical Statistics at a Glance, 3rd Edition
訳:
杉森裕樹 大東文化大学スポーツ・健康科学研究科 健康情報科学領域予防医学教授, 東海大学医学部基盤診療系健康管理学客員教授
ISBN 978-4-89592-791-8
定価 3,888円(本体3,600円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A4 180頁 図33 
刊行年月 2014/11
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

学習の目標 
データの処理
1.データの種類 
2.データ入力 
3.過誤のチェックと外れ値 
4.データの図表化 
5.データの記述:代表値 
6.データの記述:ばらつき 
7.理論分布:正規分布 
8.理論分布:その他の分布 
9.データ変換 
サンプル抽出と推定
10.サンプル抽出とサンプル分布 
11.信頼区間 
研究デザイン
12.研究デザインⅠ 
13.研究デザインⅡ 
14.臨床試験 
15.コホート研究 
16.ケースコントロール(患者対照)研究 
仮説検定
17.仮説検定 
18.仮説検定の過誤 
データ分析の基本テクニック
数値データ
19.1 つの集団の場合 
20.関連のある2 つの集団の場合 
21.関連のない2 つの集団の場合 
22.3 つ以上の集団の場合 
カテゴリーデータ
23.1 つの割合の場合 
24.2 つの割合の場合 
25.3 つ以上の割合の場合 
回帰と相関
26.相関 
27.線形回帰の理論 
28.線形回帰分析の実施 
29.重回帰 
30.2 値のアウトカムとロジスティック回帰 
31.率とポアソン回帰 
32.一般化線形モデル 
33.統計学的モデルの説明変数 
考慮すべきこと
34.バイアスと交絡 
35.仮説の確認 
36.サンプルサイズの計算 
37.結果の提示 
その他
38.診断ツール 
39.一致性の評価 
40.科学的根拠にもとづく医療(EBM) 
41.反復測定の方法 
42.クラスターデータのための回帰方法 
43.システマティックレビューとメタアナリシス 
44.生存分析 
45.ベイズ法 
46.予後スコアの開発 
付 録
A. 統計表 
B. サンプルサイズ決定のためのアルトマンのノモグラム 
C. コンピュータ出力の代表例 
D. 用語集 1
E. 本書のそれぞれの章と関連する『臨床研究マイスターへの道
医科統計学が身につくドリル』の多肢選択問題(MCQ)およ
び構造化問題(SQ) 
索 引 

関連書籍

臨床研究マイスターへの道 医科統計学が身につくドリル

訳:津崎晃一 慶應義塾大学医学部麻酔学教室准教授
  • 定価:3,672円(本体3,400円+税8%)
  • 刊行年月:2014/02/01