総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 画像医学・超音波医学 » 一目瞭然!画像でみるMRI撮像法

一目瞭然!画像でみるMRI撮像法 このページを印刷する

数学いらずで、これならわかる!

難解とされるMRIの基本原理から最新の撮像・画像処理技術までを、数式をほとんど使わず、臨床で用いられている画像、撮像シーケンス図などを交え読影の実際に即して解説する。ハードウェア、画像の基礎原理、基本的な撮像法、より高度な撮像法、アーチファクト対策、画質の向上と項目分けされ、原則見開き2Pで500を超える実際の画像を確認しながら撮像法を理解できる。放射線科医、放射線技師、また、MRIに携わる臨床各科の医師に有用。

原著タイトル The Physics of Clinical MR Taught Through Images, 3rd Edition
訳:
押尾晃一 慶應義塾大学医学部放射線診断科 専任講師
百島祐貴 慶應義塾大学病院予防医療センター 副センター長
ISBN 978-4-89592-804-5
定価 4,860円(本体4,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5変 頁304 図60・写真525
刊行年月 2015/03
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Section 1.ハードウェア
 1 MRIスキャナの構成
 2 MRIの安全性:静磁場
 3 MRIの安全性:傾斜磁場・RF波
 4 RFコイル
 5 マルチチャネルコイル技術:基礎
 6 マルチチャネルコイル―体部
 7 オープンMRI
 8 3 T MRIの磁場の影響
 9 3 T MRIのSN比
10 中磁場(1.5 T),高磁場(3 T),超高磁場MRI(7 T)
11 最新の受信コイル(1)
12 最新の受信コイル(2)
13 最新の多次元RF送信コイル
Section 2.画像の基礎原理
14 イメージングの基礎:k空間,元データ,イメージデータ
15 空間分解能:ピクセルサイズ・ボクセルサイズ
16 イメージングの基礎:SN比
17 イメージングの基礎:CN比
18 SN比とCN比
19 撮像方向
20 マルチスライスとコンカティネーション
21 FOV(撮像視野)
22 長方形FOV
23 マトリックス数:リードアウト方向
24 マトリックス数:位相エンコード方向
25 比吸収率(SAR)
Section 3.基本的な撮像法
26 T1,T2,プロトン密度
27 T1・T2緩和時定数の計算(計算画像)
28 スピンエコー(SE)法
29 高速スピンエコー(FSE)法
30 高速スピンエコー(FSE)法:180度以下の再収束パルス
31 DEFT(強制磁化回復法)
32 位相エンコードのリオーダリング
33 磁化移動
34 HASTE
35 スポイルド・グラジエントエコー
36 リフォーカスド・グラジエントエコー
37 反転回復法(1)
38 反転回復法(2)
39 脂肪抑制併用FLAIR
40 脂肪抑制法:周波数選択的脂肪抑制
41 水励起・脂肪励起
42 脂肪抑制:STIR
43 脂肪抑制:Dixon法(位相差法)
44 エコープラナー(EPI)法
45 3D撮像の基本
46 造影剤:細胞外液分布ガドリニウム製剤
47 造影剤:蛋白結合型ガドリニウム製剤
48 造影剤:ガドリニウム以外の造影剤
Section 4.より高度な撮像法
49 Dual-Echo Steady State(DESS)
50 バランスド・グラジエントエコー法(1)
51 バランスド・グラジエントエコー法(2)
52 PSIF
53 CISS
54 TurboFLASH, FSPGR, TFE
55 3D撮像:MP-RAGE
56 3D撮像:SPACE
57 磁化率強調画像(SWI)
58 マルチショットEPI
59 Volume Interpolated Breah-Hold Examination(VIBE)
60 肝脂肪定量
61 MR胆管膵管撮像(MRCP)
62 軟骨マッピング画像
63 フロー効果:速いフローと遅いフロー
64 フローの位相コントラスト法
65 2D TOF MRA
66 3D TOF MRA
67 3D TOF MRAとフリップ角,TR,MT,静磁場強度
68 位相コントラストMRA
69 新しい非造影MRA
70 造影MRA:基本,腎・腹部動脈領域
71 造影MRA:頸動脈
72 造影MRA:四肢動脈
73 ダイナミックMRA(TWIST, TREAT)
74 灌流MRI:DSC
75 灌流MRI:ASL
76 拡散強調画像(DWI)
77 拡散テンソル画像(DTI)
78 BOLD:基礎
79 BOLD:応用
80 MRスペクトロスコピー:基礎
81 MRスペクトロスコピー:CSI
82 心臓MRI:形態
83 心臓MRI:心機能
84 心臓MRI:心筋灌流
85 心臓MRI:心筋バイアビリティ
86 心臓MRI:T1/T2/T2*マッピング
87 MRマンモグラフィ:ダイナミック造影
88 MRマンモグラフィ:シリコン
89 インターベンショナルMR
90 連続移動テーブル
91 全身MR-PET
Section 5.アーチファクト対策
92 折り返しアーチファクト
93 打ち切りアーチファクト
94 モーションアーチファクト
95 モーションアーチファクトの軽減:トリガー,ゲート,ナビゲータエコー
96 BLADE(PROPELLER)
97 腹部の体動補正
98 画像フィルターによるアーチファクト対策
99 幾何学的歪み
100 化学シフト:バンド幅
101 磁化率アーチファクト
102 磁化率効果の強調
103 金属アーチファクト
104 金属アーチファクトの軽減
105 流速補正(GMN)
106 空間飽和パルス
107 フローアーチファクト
Section 6.画質の向上
108 高性能傾斜磁場:その1
109 高性能傾斜磁場:その2
110 画像合成
111 画像フィルターによるSN比向上
112 平均加算回数
113 スライス厚
114 スライス・プロファイル
115 スライス励起順序(FSE)
116 パーシャルフーリエ法
117 画像補間(ゼロフィル)
118 パラレルイメージング:その1
119 パラレルイメージング:その2
120 圧縮センシング
121 3D画像の後処理
122 自動位置決め画像
123 ワークフローの最適化
124 略語表

序文

...

関連書籍

MRIの基本パワーテキスト 第3版

原著タイトル:MRI:The Basics,3rd Edition
監訳:荒木力 山梨大学大学院医学工学総合研究部放射線医学 教授
  • 定価:7,020円(本体6,500円+税8%)
  • 刊行年月:2011/03/01

一目でわかるMRI超ベーシック

原著タイトル:MRI at a Glance, 3rd Edition
訳: 百島 祐貴 慶應義塾大学病院予防医療センター 副センター長 押尾 晃一 慶應義塾大学医学部放射線診断科 専任講師
  • 定価:3,456円(本体3,200円+税8%)
  • 刊行年月:2017/01/27