総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 基礎医学関連科学 » 生命科学(ライフサイエンス) » 老化生物学

老化生物学
 - 老いと寿命のメカニズム - 
このページを印刷する

アンチエイジングの前に、まず老化を理解せよ
老化を網羅する初めての教科書、ついに誕生

老化と寿命について、生物学的側面からコンパクトかつ体系的に説明した入門テキスト。老化の定義と測定方法に始まり、老化研究の歴史、細胞老化のメカニズム、生物における老化の遺伝学、細胞レベルの老化について、明快な図と秀麗な写真を用いわかりやすく解説する。これらを踏まえ、老化とともに各生理学的システムがどのように衰えるのか、老化と加齢性疾患の発生との関連性へと論を進める。関連領域の研究者、大学院生のみならず、抗加齢医学に携わる医師にとって、老化の基礎メカニズムを学ぶのに格好の書。

原著タイトル Biology of Aging
原著者 Roger B. McDonald
監訳:近藤祥司 京都大学病院高齢者医療ユニット院内講師/糖尿病内分泌栄養内科助教
ISBN 978-4-89592-827-4
定価 7,776円(本体7,200円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A4変 頁408 図241
刊行年月 2015/08
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

第1章 老化の生物学の基本コンセプト
第2章 生物学的老化を測定する
第3章 寿命と老化に関する進化の理論
第4章 細胞の老化
第5章 寿命の遺伝学
第6章 植物の老化
第7章 ヒトの寿命
第8章 ヒト老化の生理学
第9章 ヒトの加齢性疾患
第10章 不老長寿の実現
付録:2006年米国生命表

目次詳細

序文

...