総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:内科系 » 循環器一般 » そうだったのか! 臨床に役立つ心臓の発生・再生

そうだったのか! 臨床に役立つ心臓の発生・再生 このページを印刷する

思わず「そうだったのか!」と膝を叩く
循環器臨床・再生医療の“カギ” は発生の理解にあり

先天性疾患に限らず発生が関係する心血管疾患,そして臨床応用目前の心臓再生医療を理解するうえでのカギとなる「心臓発生」を,循環器臨床に近い視点から解説。心臓の発生-解剖-機能を関連づけて理解することで,様々な心疾患の背景が見えてくる。また,期待が高まっている再生医療についても,発生と関連づけてわかりやすく整理。循環器臨床医の理解を助けるよう配慮した図表・コラムも多数。

著:古川哲史 東京医科歯科大学難治疾患研究所 生体情報薬理分野教授
ISBN 978-4-89592-826-7
定価 4,860円(本体4,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5変 頁192 図・写真106
刊行年月 2015/09
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Part 0 本書を読み始める前に

1. 発生が難しい3つの理由
2. 本書の構成

Part Ⅰ 発 生

A. 比較発生:陸上生活に伴う心臓の進化
1. 生物の陸上化に伴う進化発生
2. 生物が水中から陸に上がるときに起きた心血管系の変化
B. 心臓発生:総論
1. 第1段階:心臓領域の形成—心臓は中胚葉からできる
2. 第2段階:原始心筒の形成
3. 第3段階:ルーピング
4. 第4段階:心筒内部の発生
5. 心臓の特殊構造の発生
C. 心臓発生:各論
1. 心臓の左右の起源
2. 第1心臓予定領域と第2心臓予定領域
3. 第2心臓予定領域—遅れて加わる心筋細胞が曲者
4. 心腔の形成
5. 中隔の形成
6. 弁の形成
7. 刺激伝導系の発生
8. 冠動脈の発生
9. 心臓の神経系の発生
10. 大血管系の発生

Part Ⅱ 発生と心疾患

A. 主な先天性心疾患
1. 心室中隔欠損症―3構成要素 (漏斗部・膜様部・筋性部) の癒合
の失敗?
2. 心房中隔欠損症—一次中隔と二次中隔の異常
3. Fallot四徴症—第2心臓予定領域病?
4. 完全大血管転位―回転不足が原因?
5. 動脈管開存—動脈管は収縮する運命にある血管?
B. 発生異常で起こる心筋疾患
1. 不整脈原性右室心筋症—なぜ右室優位,脂肪変性,不整脈原性?
2. 左室心筋緻密化障害—第3の心筋症
C. 発生に関係する不整脈疾患
1. WPW症候群—房室管の絶縁の失敗が原因?
2. 心房細動—高齢者に多い疾患にも発生が関係
3. Brugada症候群—第2心臓予定領域病?
D. 発生に関係するその他の心血管疾患
1. Kartagener症候群に伴う右胸心
2. 大動脈2尖弁—実は最も多い先天性心疾患
3. 解離性大動脈瘤—好発部位が発生と関係
4. 肺高血圧症-第2心臓予定領域から発生
5. 褐色細胞腫—神経堤疾患

Part Ⅲ 再 生

A. 心筋細胞は生後も分裂できる
1. ヒト心筋細胞が出生後新たに誕生する証拠
2. 3つの異なる心筋再生の戦略
B. 既存心筋細胞の細胞周期への再導入
1. 細胞周期への再導入
2. パラクリン因子を用いた戦略
C. 細胞移植治療
1. 骨格筋芽細胞の移植
2. 多能性幹細胞 (ES・iPS細胞) を用いた試み
3. 心臓非局在の幹細胞を用いたアプローチ
4. 心心臓局在の幹細胞を用いたアプローチ
5. 幹細胞が心機能を改善するメカニズム
D. ダイレクトリプログラミング
1. GMT因子・GHMT因子によるダイレクトリプログラミング
2. マイクロRNAを用いたダイレクトリプログラミング
3. in vivoにおけるダイレクトリプログラミング
4. 心筋細胞から刺激伝導系細胞へのリプログラミング
E. 心臓再生医療および本書全体のまとめ

序文

...

関連書籍

そうだったのか!臨床に役立つ心血管ゲノム医学

著:古川哲史 東京医科歯科大学難治疾患研究所 生体情報薬理分野 教授
  • 定価:4,860円(本体4,500円+税8%)
  • 刊行年月:2013/03/01

そうだったのか!臨床に役立つ循環薬理学

著:古川哲史 東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授
  • 定価:4,860円(本体4,500円+税8%)
  • 刊行年月:2013/02/01

そうだったのか!臨床に役立つ不整脈の基礎

著: 中谷晴昭 千葉大学大学院医学研究院病態制御治療学薬理学教授 古川哲史 東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授 山根禎一 東京慈恵会医科大学循環器内科准教授
  • 定価:4,860円(本体4,500円+税8%)
  • 刊行年月:2012/10/01