総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » プライマリケア医学 » 医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究

医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究 このページを印刷する

EBMをしっかりと理解し、使いこなすべく、いざ論文の海へ!

医師が最低限押さえておくべき50の臨床研究をコンパクトにまとめた、エビデンスの理解を助ける水先案内本。予防医学、内科、外科、産科、小児科、放射線科、神経内科・精神科、医療制度・社会制度に基づいた治療の8分野の研究を掲載。各研究に対する批判と制限事項、関連研究と有用情報、臨床症例サンプル、巻末にはQ&Aも収載し、知識のみならず一段高い思考力が身につく。新展開があった研究には訳者の補足コメントを追加。

原著タイトル 50 Studies Every Doctor Should Know - The Key Studies that Form the Foundation of Evidence Based Medicine, Revised Edition
訳:谷口俊文 千葉大学医学部附属病院
ISBN 978-4-89592-833-5
定価 3,780円(本体3,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5 頁304 図50
刊行年月 2015/11
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

SECTION 1 予防医学
SECTION 2 内科
SECTION 3 外科
SECTION 4 産科
SECTION 5 小児科
SECTION 6 放射線科
SECTION 7 神経内科・精神科
SECTION 8 医療制度,社会制度に基づいた診療

目次詳細

序文

...

関連書籍

医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究 内科医編

原著タイトル:50 Studies Every Internist Should Know
訳: 石山貴章 新潟大学地域医療教育センター/魚沼基幹病院 総合診療科 谷口俊文 千葉大学医学部附属病院 感染症内科・感染制御部 国際医療センター
  • 定価:3,780円(本体3,500円+税8%)
  • 刊行年月:2016/04/13

商品カテゴリー