総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » INTENSIVIST » INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2016年1号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2016年1号 このページを印刷する

特集:心臓血管外科 後編

  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。
  • 毎号1つのテーマを決め、最新のエビデンスに基づいて、現在わかっていること/わかっていないことを検証、徹底的に解説。施設ごとに異なる診療を見直し、これからの集中治療のスタンダードを提示する。
  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。
  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、臨床工学技士、さらには各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。

JSEPTIC ホームページ
特定非営利法人 日本集中治療教育研究会

責任編集:
田端 実 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科
讃井將満 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部

企画協力:
則末泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 呼吸器内科・集中治療科
平岡栄治 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科
ISBN 978-4-89592-981-3
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2016/01
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

前書き:頭でやる心臓血管外科の術後管理
 田端 実 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科


心臓血管外科における周術期管理
1. リスク評価と術前管理:多様化する術式に対するリスク評価法のアップデート 
  宮原 俊介・大北 裕 神戸大学医学部附属病院 心臓血管外科 
2. 術後の輸液管理:維持すべき循環血漿量を“範囲”としてイメージする 
  下薗 崇宏 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科・集中治療部
3. ペーシング:心外膜ペーシングの使用・管理法と注意点 
 河野 裕志・田端 実 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科
4. ドレーン管理:適切な管理法とピットフォール 
  平岩 伸彦・田端 実 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科
5. 胸骨正中切開術後の心肺蘇生:その特殊性と再開胸を含めた対応
  神尾 直 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部
  松永 渉 横須賀市立うわまち病院 麻酔科/自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科    
  大塚 祐史 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科
6. 慢性透析患者の周術期管理:透析患者の特殊性と周術期に注意すべきポイント
  松尾 耕一 新東京病院 集中治療部
7. 薬物の適応とcontroversy その1:冠血管拡張薬,フロセミド,カルペリチド,トルバプタン
  小山 洋史 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急部
  讃井 將満 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部
8. 薬物の適応とcontroversy その2:シベレスタット,チオペンタール,ステロイドに関するシステマチックレビュー
  下山 哲 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急部
  讃井 將満
9. 心臓血管外科術後リハビリテーション:患者の特徴や疾患特異性,術式別特徴を把握したプログラムで介入
   櫻田 弘治 心臓血管研究所付属病院 リハビリテーション室
   高橋 哲也 東京工科大学医療保健学部 理学療法学科


術後合併症
1. 心臓血管外科術後のショック:低心拍出量症候群(LOS)を中心に 
   則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 呼吸器内科・集中治療科
2. LVAD時代の右心不全と肺高血圧症:米国からの知見
   廣瀨 仁・田中 大造 Thomas Jefferson大学 外科 心臓胸部外科部門
3. 不整脈:細やかな対応が求められる術後不整脈の予防と治療
   川堀 真志・金子 剛士 Division of Cardiac Surgery, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School
4. 縦隔出血:診断,治療,再開胸の適応とタイミング
   飯田 泰功 済生会横浜市東部病院 心臓血管外科
【コラム】止血薬のエビデンス:トラネキサム酸,カルバゾクロム,アプロチニン
   飯田 泰功 
5. 縦隔炎:早期の診断・治療が大切
   木下 武 滋賀医科大学 心臓血管外科
6. 脳合併症:患者の危険因子評価に基づく総合的な予防戦略を
   藤澤 美智子・武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部
7. 対麻痺:遅発性対麻痺への対応と,脊髄ドレナージ合併症予防の時代へ
   清水 淳 榊原記念病院 麻酔科
【コラム】オピオイドは脊髄虚血を誘発するか:麻薬誘発性対麻痺は従来の脊髄障害とは何が異なるのか
   清水 淳
8.非閉塞性腸間膜虚血(NOMI):NOMIプロトコルを作成し早期治療を目指す
   佐藤 瑞樹 倉敷中央病院 救急科
   青松 昭徳・讃井 將満 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部
【コラム】心臓手術後の高乳酸血症:乳酸値が急激に上昇,遷延する症例には積極的な原因検索が必要
   佐藤 瑞樹・讃井 將満


アドバンス・ケア・プランニング
1. 心臓血管外科周術期におけるアドバンス・ケア・プランニング:望まない術後経過に適切に対応するために
   平岡 栄治 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科


後書き:心臓外科医から学んだこと
   讃井 將満




連載
■Lefor’s Corner 第19回:Vasoactive Drugs Part VIII. Isoproterenol
   Alan Kawarai Lefor,Misato Maeno Department of Surgery, Jichi Medical University
■え?知らないの?ICUの医療ガス設備
   上岡 晃一 東京医科大学病院 臨床工学部
■集中治療に関する最新厳選20論文
   柳井 真知 聖マリアンナ医科大学 救急医学
   藤谷 茂樹 東京ベイ・浦安市川医療センター/聖マリアンナ医科大学 救急医学
■JSEPTIC簡単アンケート:第19回:内分泌・代謝・電解質,Tele−ICU
   安田 英人 武蔵野赤十字病院 救命救急センター/鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科


関連書籍

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2015年4号

責任編集: 田端 実 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科 讃井將満 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 企画協力: 則末泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 呼吸器内科・集中治療科 平岡栄治 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科
  • 定価:4,968円(本体4,600円+税8%)
  • 刊行年月:2015/10/30