総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 画像医学・超音波医学 » 早期診断で差がつく! スポーツ診療のための画像診断

早期診断で差がつく! スポーツ診療のための画像診断 このページを印刷する

スポーツ疾患の画像診断は、この1冊で完璧!

さまざまなスポーツによる外傷・障害を中心に、疾患ごとに画像診断のポイントを解説。単純X線、CT、MRIのモダリティ別に提示し、診断のみならず治療法にまで言及。加えてアスリートの救急疾患や画像診断時に偶然見つける可能性のある腫瘍・腫瘍類似疾患、成人だけでなく小児特有のスポーツ疾患まで網羅。スポーツドクターをはじめ整形外科医、放射線科医など、アスリートを診る機会のある医師に対し画像診断の必須知識を厳選、提示する。

著:小橋由紋子 東京歯科大学市川総合病院 放射線科 講師
ISBN 978-4-89592-837-3
定価 8,100円(本体7,500円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁340 図30・写真283
刊行年月 2016/02
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

0章 MRIの原理、シーケンス、解釈の仕方
1章 頭部外傷
2章 頸椎損傷
3章 胸背部・腰椎損傷
4章 肩関節損傷
5章 肘関節損傷
6章 手関節損傷
7章 骨盤、股関節、大腿の損傷
8章 膝関節・下腿の損傷
9章 足関節、足部の損傷
10章 小児および思春期の骨端線損傷・骨端障害
11章 たまたま検査でみつかってしまう腫瘍および腫瘍類似疾患
12章 アスリートの救急疾患:胸腹部を中心に

目次詳細

序文

...

関連書籍

スポーツ診療ビジュアルブック

監訳:櫻庭景植 順天堂大学大学院スポーツ医学教授
  • 定価:14,040円(本体13,000円+税8%)
  • 刊行年月:2016/05/30

商品カテゴリー