総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » プライマリケア医学 » メキメキ上達する頭痛のみかた

メキメキ上達する頭痛のみかた このページを印刷する

よく遭遇する悩ましい症例から、ピットフォールが浮き彫りに!

頭痛を切り口にまとめた症例集。米国の頭痛診療エキスパートが選び出した100以上の豊富な症例を収載。各例2頁ほどの読み切りサイズで、日本でもよく遭遇する手強い症例を扱う。「なぜ見逃したのか? あの検査、あの処方は最良だったのか?」誰もが一度は抱いたことのある疑問点・反省点を振り返りつつ、エビデンスを交え経験則・コツを伝授、“Pitfall”と“Tip”がわかる。ICHD-3βに準拠。総合内科医、プライマリ・ケア医、神経内科医、研修医は、これ一冊で頭痛診療がぐんぐん上達する!

原著タイトル Common Pitfalls in the Evaluation and Management of Headache: Case-Based Learning
監訳:
金城光代 沖縄県立中部病院 リウマチ膠原病科・総合内科
金城紀与史 沖縄県立中部病院 総合内科
ISBN 978-4-89592-858-8
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5変 頁220 図18
刊行年月 2016/06
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Chapter 1 鑑別が難しい良性の頭痛
Chapter 2 間違えやすい一次性頭痛と二次性頭痛
Chapter 3 危険な頭痛の見逃
Chapter 4 検査のピットフォール:画像検査と髄液検査
Chapter 5 検査のピットフォール:血液・尿検査など
Chapter 6 病歴や診察所見が見逃されたり,解釈を間違えたとき
Chapter 7 急性頭痛の治療に関する間違い
Chapter 8 頭痛予防の薬物療法のピットフォール
Chapter 9 頭痛の非薬物療法のピットフォール
Chapter 10 頭痛治療における課題と特殊な状況
Chapter 11 頭痛治療における法的な注意点

序文

...

商品カテゴリー