総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 診断学一般 » 診断推論のバックステージ

診断推論のバックステージ
 - ワンランクアップのための診断推論教育 11の要点 - 
このページを印刷する

これ1冊で診断推論を教える自信がつく!

米国式医学・診断教育のノウハウを凝縮した米国内科学会(ACP)刊行の「Teaching Medicine」シリーズ最新刊日本語版。臨床推論・診断推論を教える際の裏付けとなる理論を網羅、具体的な事例に基づき解説を加える。診断教育への情熱を持つ志水太郎先生の単独訳、章末に書き下ろしコメント付き。医学教育に携わる医師や指導医、総合診療医に好適の書。

原著タイトル Teaching Clinical Reasoning
訳:
志水太郎 獨協医科大学病院総合診療科診療部長/獨協医科大学病院総合診療教育センター センター長
ISBN 978-4-89592-868-7
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5変 頁280 図12
刊行年月 2016/11
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Section 1 臨床推論を教えるために
 1 臨床推論と診断エラー
 2 臨床推論の指導で考慮すべき理論的概念

Section 2 臨床推論を教えるための理論を学ぶ
 3 臨床推論のカリキュラム作成
 4 よくある認知エラーに対する教育的アプローチ
 5 一般的な指導技術
 6 臨床推論の評価

Section 3 臨床推論を教えるうえで考慮すべきこと
 7 ファカルティ・ディヴェロップメントと普及
 8 臨床推論の生涯学習
 9 臨床推論の改善
 10 診断推論教育のイノベーションと将来の方向性
 11 臨床推論を教える:ここからどこへ向かうのか?

用語集

序文

...

関連書籍

クリニカル・リーズニング・ラーニング

原著タイトル:Learning Clinical Reasoning, 2nd ed.
訳:岩田健太郎 神戸大学院医学研究科・医学部微生物感染症学講座感染治療学分野教授
  • 定価:4,968円(本体4,600円+税8%)
  • 刊行年月:2011/09/01