総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » INTENSIVIST » INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2016年4号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 2016年4号 このページを印刷する

特集:ICUにおける神経内科

脳神経集中治療で機会が最も多いのは脳血管障害や頭部外傷と思われますが,それ以外の神経内科疾患も頻度は低いながらも重要な疾患が含まれます。本特集では大きく分けて3つの疾患群(①意識障害・感染症,②てんかん重積発作,③神経筋疾患)を取り上げます。各項目は「オーバービュー」で疾患の概要と一般的な治療方針についてまとめ,次いで「Q&A」形式で解説するようになっています。集中治療医が現場の意思決定に必要な臨床的事項,神経内科医にコンサルトすべき時と集中治療医がここまでは検査したいと思われる事項,見逃してはならない緊急を要する疾患と外部施設に抗体検査などを依頼すべき疾患の見極め,といった内容をまとめることにより,集中治療医が神経内科疾患の知識を深め,迅速かつ正確な診断と治療を行うための一助となることが本特集の目的です。

  • 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care=JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。
  • 毎号1つのテーマを決め、最新のエビデンスに基づいて、現在わかっていること/わかっていないことを検証、徹底的に解説。施設ごとに異なる診療を見直し、これからの集中治療のスタンダードを提示する。
  • 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。
  • 集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、臨床工学技士、さらには各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。

JSEPTIC ホームページ
特定非営利法人 日本集中治療教育研究会

責任編集:
野寺 裕之 徳島大学病院 神経内科
林 淑朗 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/The University of Queensland, Centre for Clinical Research
ISBN 978-4-89592-984-4
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2016/10
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

集中治療と神経内科疾患:苦手意識をなくすために
   野寺 裕之 徳島大学病院 神経内科

Part 1 神経症候に対する診断と治療アプローチ
 1.意識障害への診断アプローチ:徹底的な鑑別診断と二次性脳損傷の予防
   江川 悟史 朝霞台中央総合病院 脳神経外科
 2.呼吸不全への診断アプローチ:神経筋疾患をいつ疑い,どう診断するか
   米澤 直樹・武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部
 3.呼吸管理:神経筋疾患における呼吸管理のエビデンス
   鈴木 健人・武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部
 4.てんかん発作の初期マネジメント:焦らず十分に観察し,鑑別診断を行う
   白石 淳 鉄蕉会亀田総合病院 救命救急科

Part 2 中枢神経疾患
 5.中枢神経感染症:迅速な診断と治療が必要な髄膜炎・脳炎
   與語 葵 三沢空軍基地病院 Japanese Physician Fellow
   片山 充哉 鉄蕉会亀田総合病院 総合内科・卒後研修センター
 6.自己免疫性脳炎:治療可能な脳炎の臨床像と治療
   形岡 博史 奈良県立医科大学 神経内科
 7.てんかん重積状態の治療方針:できるだけ早く発作活動を停止させる
   吉村 元 神戸市立医療センター中央市民病院 神経内科
   松本 理器 京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 臨床神経学
 8.てんかん重積状態の脳波モニタリング:基本的事項と注意すべき脳波所見
   河合 真 スタンフォード大学 精神行動科学睡眠医学部門
 9.錐体外路疾患・神経変性疾患:Parkinson病/関連疾患患者の周術期・ICU管理
   向井 洋平 国立精神・神経医療研究センター病院 神経内科
   村田 美穂 国立精神・神経医療研究センター病院

Part 3 末梢神経・筋疾患
 10.Guillain-Barré症候群などの末梢神経障害:重症例に対する治療と全身管理
   桑原 基 近畿大学医学部 神経内科
 11.神経筋接合部疾患・筋疾患:重症筋無力症クリーゼを中心に
   津田 笑子 札幌医科大学 神経内科学講座
 12.運動ニューロン疾患:筋萎縮性側索硬化症の診療と倫理的問題
   織田 雅也 微風会ビハーラ花の里病院 神経内科
   和泉 唯信 微風会ビハーラ花の里病院 神経内科/徳島大学病院 神経内科
 13.自律神経障害:autonomic stormを呈する疾患の対応を中心に
   都築 誠一郎・植西 憲達 藤田保健衛生大学 救急総合内科

Part 4 神経筋疾患に対するベッドサイド検査
 14.神経伝導検査・針筋電図検査:ICUでの適応と注意点
   山﨑 博輝 徳島大学病院 神経内科
   野寺 裕之
 15.神経筋エコー:検査の実際とエビデンス
   塚本 浩 帝京大学医療技術学部 臨床検査学科/帝京大学医学部 神経内科
【コラム】集中治療医が直面する髄液検査のClinical Questions
   堤 健・北野 夕佳 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 救命救急センター
【コラム】抜管後の嚥下機能評価
   高畠 英昭 産業医科大学 リハビリテーション医学講座
【コラム】ICU-acquired weaknessの予防と治療方針
   蜂須賀 明子 産業医科大学 リハビリテーション医学講座


連載
■え?知らないの?病院内(ICU)における電波・無線利用について
   八反丸 善裕 東京大学医学部附属病院 医療機器管理部
■Journal clubをやってみよう 第3回:Methodsを読む!:
 ②結果に影響を与えるバイアス・交絡因子と研究デザイン
   安田 英人 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/
        慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程医療科学系 臨床研究学
■Methodsを読むMethod 第3回:回帰分析を理解していますか?
   笹渕 裕介 東京大学大学院医学系研究科 ヘルスサービスリサーチ
■港島ICU×ICTカンファレンス 第1回:血液疾患患者の下部消化管穿孔後のCandida腹膜炎
   土井 朝子 神戸市立医療センター中央市民病院 総合内科・感染症科
   川上 大裕 神戸市立医療センター中央市民病院 麻酔科
   瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター
■Lefor’s Corner 第22回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring Part Ⅲ.
 Central Venous Access-Preventing Infection
   Alan Kawarai Lefor,Misato Maeno Department of Surgery, Jichi Medical University
■集中治療に関する最新厳選20論文
   柳井 真知 聖マリアンナ医科大学 救急医学
   藤谷 茂樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学/東京ベイ・浦安市川医療センター
■JSEPTIC簡単アンケート
 第22回:ICUにおける排便管理,人工呼吸器アラーム音好き?嫌い?,産科ICU
   安田 英人

関連書籍

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)年間購読[2017年版]

  • 定価:9,504〜19,008円(本体8,800〜17,600円+税8%)