総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 診断学一般 » 症候から診断・治療へ

症候から診断・治療へ
 - 循環器診療のロジックと全人的アプローチ - 
このページを印刷する

東京医科歯科大学ベストティーチャーの臨床講義を再現

 東京医科歯科大学等で何度もベストティーチャー賞に輝いた著者の講義録。重要となるプライマリ・ケアの視点を強調し、「良い医師とは」という問いかけを交えながら、症候から鑑別、診断、治療方針における教科書では学べない診療の具体的なアプローチやプロセスを解説する。臨床教育に熱心な著者の率直でエネルギッシュな語りかけ、ライブ感のある学生との対話で展開、ぐいぐい引き込まれる。

著:
磯部光章 東京医科歯科大学循環器内科 主任教授
ISBN 978-4-89592-876-2
定価 4,320円(本体4,000円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁200 図102・写真23
刊行年月 2017/03
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

1 ミニテストと基礎演習
2 プライマリ・ケアを実践するために
3 循環器疾患と病歴のとり方 —医療面接の極意
4 心臓病の身体所見と胸部X線
5 臨床診断のロジック
6 ケース:失神
7 ケース:発熱
8 ケース:息切れ
9 ケース:下腿浮腫
10 診断プロセスのロジック —反復する胸部圧迫感を訴える45歳,女性の診断
11 患者の人生を考えた診断と治療 —片麻痺を起こした28歳,妊婦の診療

検査正常値一覧
疾患索引

序文

...

商品カテゴリー