総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:一般 » 癌・腫瘍一般 » オンコネフロロジー

オンコネフロロジー
 - がんと腎臓病学・腎疾患と腫瘍学 - 
このページを印刷する

腎臓とがんは深い関わりがある

新たな腎臓病学の領域として注目される「オンコネフロロジー」をテーマとした本邦初のテキスト。腎障害をもつ患者のがん治療、がん化学療法にともなう腎障害、腎疾患に関連したがんなど、腎臓とがんのかかわりに関するトピックや研究の進展を紐解く。がん患者の急性腎障害や慢性腎臓病をはじめとして、症例を提示しながら相互に絡む腎臓とがんへの対処法を解説。

原著タイトル Onconephrology: Cancer, Chemotherapy and the Kidney
監訳:
和田 健彦 東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科准教授
訳:
井上 美貴 前がん研有明病院総合診療部副医長
翻訳協力:
中山 耕之介 がん研有明病院総合診療部部長
湯浅 健 がん研有明病院泌尿器科担当副部長
ISBN 978-4-89592-880-9
定価 8,424円(本体7,800円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A5変 頁412 図22・写真6
刊行年月 2017/03
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

第1章 癌患者の急性腎障害
第2章 癌患者における慢性腎臓病(CKD)
第3章 固形腫瘍や血液学的悪性腫瘍でみられる糸球体疾患
第4章 化学療法に使用される薬物の腎毒性
第5章 生物学的癌治療と腎臓
第6章 腎不全患者に対する合理的な化学療法薬投与方法
第7章 癌患者の電解質異常
第8章 腫瘍崩壊症候群
第9章 腎細胞癌の外科的・内科的管理
第10章 腎細胞癌と慢性腎臓病
第11章 造血幹細胞移植後の腎疾患
第12章 放射線腎症
第13章 異常蛋白血症と腎疾患
第14章 アミロイドーシス
第15章 癌患者における閉塞性腎疾患
第16章 腎移植患者の癌
第17章 癌,緩和ケアと急性腎障害:透析を推奨するかどうかという難しい決断

序文

...

商品カテゴリー