総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 衛生・公衆衛生学 » 公衆衛生学 » グローバルヘルス

グローバルヘルス
 - 世界の健康と対処戦略の最新動向 - 
このページを印刷する

“健康と開発”の視点に貫かれた包括的教科書、日本語版

グローバリゼーションの進展に伴って発生する地球上の「健康」に関する問題について、公衆衛生、疫学、医学、看護学、人類学、開発経済学、政治学、社会学などの複合的な学問領域であり、米国公衆衛生協会によってまとめられた「グローバルヘルス」の入門書。グローバルヘルスの重要な問題を“開発(development)”の視点から概観し、その経済的、社会的影響や対策を検討するための基本的知識を解説する。

原著タイトル Global Health 101, 3rd Edition
監訳:
木原 正博 京都大学グローバルヘルス学際融合ユニット・ユニット長(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野教授)
木原 雅子 京都大学グローバルヘルス学際融合ユニット准教授(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野准教授)
ISBN 978-4-89592-897-7
定価 9,936円(本体9,200円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 A4変 頁570 図63
刊行年月 2017/09
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

第Ⅰ部  グローバルヘルスの概念,測定指標,そして健康と開発の関係
第 1 章 グローバルヘルスとは何か─その概念と目標
第 2 章 健康の決定要因,測定指標,およびその動
第 3 章 健康,教育,貧困,および経済
第Ⅱ部  グローバルヘルスに共通するテーマ
第 4 章 グローバルヘルスにおける倫理と人権
第 5 章 保健医療システム
第 6 章 文化と健康
第Ⅲ部  疾病負荷
第 7 章 健康と環境
第 8 章 栄養とグローバルヘルス
第 9 章 女性と健康
第 10 章 子どもの健康
第 11 章 思春期の健康
第 12 章 感染症
第 13 章 非感染性疾患
第 14 章 不慮の傷害
第Ⅳ部  グローバルヘルスで活躍する主な機関と組織 ─協動の意義と課題
第 15 章 自然災害と人道緊急事態
第 16 章 グローバルヘルスで活躍する主な機関,組織─協働の意義と課題
第 17 章 科学技術,官民パートナーシップ,革新的資金メカニズムとグローバルヘルス
第Ⅴ部  グローバルヘルス分野におけるキャリア像
第 18 章 グローバルヘルス分野におけるキャリアパス
第 19 章 グローバルヘルスで活躍する人々
グロッサリー
索 引

序文

...