総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » Hospitalist » Hospitalist(ホスピタリスト)2017年4号

Hospitalist(ホスピタリスト)2017年4号 このページを印刷する

特集:老年科 すべてのスタッフで高齢者を大切に!ここから始める高齢者診療

未曾有の超高齢社会を迎え,今後ますます高齢化率が高まることが確実視されている日本にあって,我々医療者も高齢者を診療する機会が急増しています。病院総合医の仕事のほとんどの部分を占めているといっても過言ではありません。

そして,医療者であれば誰しも「高齢者を大切にしたい」との思いをもって診療にあたっているものと想像しますが,ではどうすれば「高齢者を大切にする」ことになるのでしょうか? 本特集ではその問いに対する解を示すべく,以下のトピックを取り上げています。

総論:「老年医学の考え方」「医療保険制度・介護保険制度」「介護施設・サービス」
高齢者診療の「要」:「高齢患者へのアプローチ」「治療指針決定」「アドバンス・ケア・プランニング」
急性期各論:「Geriatric Failure to Thrive」「褥瘡」「ポリファーマシー」「急性尿閉」「不穏・意欲低下・不眠」「認知症」「食べられない」「便秘」「転倒」「疼痛ケア」
退院後のケアと予防:「Transition of care」「予防医療」

このほか,多職種連携を考えるために必読の座談会,「すべてのスタッフで高齢患者を大切に!」の日々の実践を助ける,付録「回診の極意」も掲載しています。

この1冊が,高齢者診療への困難に立ち向かうための,実践に直結した知識と診療技術を提供し,すべての医療者のバイブルとなることを目指しています。

2017年12月発行予定。ご予約受付中!

責任編集:
関口健二 信州大学医学部附属病院 総合診療科/市立大町総合病院 総合診療科
許智栄 アドベンチストメディカルセンター 家庭医療科
筒泉貴彦 愛仁会高槻病院 総合内科
ISBN 978-4-89592-952-3
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2017/12
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

はじめに 病院のすべてのスタッフで高齢者を大切にしたい!
総論
1 高齢者診療で考慮すべきこと
2 超高齢社会における「病院」と「医師」
3 医療保険制度・介護保険制度
4 介護施設・サービスの現状
コラム① Patient-Centered Medical Home

高齢者診療の「要」
5 高齢患者へのアプローチ
6 高齢者の急性期病態における治療指針決定のプロセス
7 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

急性期各論
8 Geriatric FTTへのアプローチ
コラム② 褥瘡
9 ポリファーマシーへのアプローチ
コラム③ 急性尿閉
10 不穏・意欲低下・不眠へのアプローチ
コラム④ 認知症の拾い上げと病型診断
11 「食べられない」へのアプローチ
12 便秘へのアプローチ
13 転倒へのアプローチ
コラム⑤ 疼痛ケア

多職種連携
14 座談会:超高齢社会における急性期病院の役割

退院後のケアと予防
15 Transition of care
16 高齢者における予防医療
付録 高齢入院患者の回診における極意「実践回診!高齢者」

関連書籍

Hospitalist(ホスピタリスト)年間購読[2018年版]

  • 定価:9,504〜19,008円(本体8,800〜17,600円+税8%)

Hospitalist(ホスピタリスト)年間購読[2017年版]

  • 定価:9,504〜19,008円(本体8,800〜17,600円+税8%)

総合内科病棟マニュアル

編集: 筒泉 貴彦 愛仁会高槻病院 総合内科 山田 悠史 Department of Medicine, Mount Sinai Beth Israel 小坂 鎮太郎 練馬光が丘病院 救急集中治療科/総合診療科
  • 定価:5,400円(本体5,000円+税8%)
  • 刊行年月:2017/05/22