総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 医学雑誌 » Hospitalist » Hospitalist(ホスピタリスト)2018年1号

Hospitalist(ホスピタリスト)2018年1号 このページを印刷する

特集:腎疾患2

2014年3月刊行の第3号「腎疾患」特集は,多くの読者の方々にご好評いただきましたが,取り上げきれなかった項目や大きく展開した分野などがあり,今回はその続編として特集を組むこととなりました。

特徴は,①ホスピタリストとして知っておくべき,境界領域になりやすい腎病態(オーバーラップ領域)を積極的に取り上げたこと,②ホスピタリストが主として治療しない分野でも,コンサルタントとしての腎臓内科医の診断や治療の理解が進むような内容としたこと,③前回取り上げきれなかった項目を優先的に扱ったこと,④EBMが十分に確立していない内容でも,現場のニーズに即して実臨床で行われる内容には一歩踏み込んで記載したこと,です。

臨床研修医,ホスピタリストの先生方や非腎臓専門医の先生方に,腎疾患管理の最新の情報をお届けするとともに,腎臓病を専門とする先生方にも十分お役立ていただける内容を目指しています。


電子版のご購入はこちらへ
医書.jp
『Hospitalist Vol.6 No.1 2018』電子版

責任編集:
赤井靖宏 奈良県立医科大学 地域医療学講座
今井直彦 川崎市立多摩病院 腎臓・高血圧内科
長浜正彦 聖路加国際病院 腎臓内科
清田雅智 飯塚病院 総合診療科
ISBN 978-4-89592-953-0
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
刊行年月 2018/04
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

はじめに|Get the Best Out of “腎疾患2”
  赤井 靖宏 奈良県立医科大学 地域医療学講座
腎疾患管理に必要な知識
1. 腎機能が悪くなるとはどういうことか:腎疾患に共通の機序と加齢による変化
  上原 圭太 那覇市立病院 腎臓内科
[ミニコラム①] 腎組織所見の読み方の基本:専門家は腎生検のどこを見て,どのように判断しているのか
  遠藤 知美 公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院 腎泌尿器センター 腎臓内科
[コラム①] 担癌患者と腎疾患:CKD・AKIと癌の関係,癌患者の電解質異常,抗癌薬による腎障害
  小板橋 賢一郎 聖マリアンナ医科大学 腎臓・高血圧内科
[ミニコラム②] 腎臓再生医療2018:ここまでの進歩と見えてきた問題点,今後の展望
  松本 啓・横尾 隆 東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科
[コラム②] 尿酸の生理学:ウリカーゼをもたない私たちの,古くて新しい問題
  塚原 知樹 つくばセントラル病院 腎臓内科

急性腎障害(AKI)
2. AKI診療アップデート:診断・治療・管理における進歩と課題
  佐々木 彰 飯塚病院 腎臓内科/臨床研究支援室
3. AKI のボリューム管理を考える:守るべきは肺か腎臓か,全身か?
  坂井 正弘・鈴木 利彦 東京ベイ・浦安市川医療センター 腎臓・内分泌・糖尿病内科
[コラム③] critical careでの血漿交換:10のクリニカルクエスチョンで血漿交換の実践力をつける
  北村 浩一・鈴木 利彦 東京ベイ・浦安市川医療センター 腎臓・内分泌・糖尿病内科
[コラム④] 急速進行性糸球体腎炎(RPGN):ANCAのサブタイプを意識した診断と治療
  鮫島 謙一 奈良県立医科大学 腎臓内科
[コラム⑤] 血栓性微小血管症(TMA),非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS):分類と鑑別の手順,各疾患の特徴を押さえる
  石井 太祐・長浜 正彦 聖路加国際病院 腎臓内科
[コラム⑥] 高血圧切迫症/緊急症(hypertensive urgency/emergency):重度高血圧患者の病態を正しく理解し,適切に対応する
  宮内 隆政・長浜 正彦 聖路加国際病院 腎臓内科
[コラム⑦] 妊娠中のAKI:高血圧・蛋白尿の解釈と,妊娠高血圧症候群(HDP)の管理
  伊藤 雄伍・長浜 正彦 聖路加国際病院 腎臓内科
[ミニコラム③] 腎臓と他臓器連関:心・肝・肺との関係を概観しつつ,脳腎連関の先も読む
  松浦 亮 東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科
  土井 研人 東京大学医学部附属病院 救急部・集中治療部
4. 薬物と腎疾患:我々臨床家にとって避けることのできない切実な問題
  龍華 章裕 名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科学

慢性腎臓病(CKD)
5. CKDの最近のトピックス:降圧目標,糖尿病性腎症(DKD),運動療法に関して
  原田 幸児 西奈良中央病院 腎臓・糖尿病内科
[コラム⑧] IgA腎症と感染後糸球体腎炎:最もコモンな腎炎と古くて新しい腎炎
  森川 貴 大阪市立総合医療センター 腎臓・高血圧内科
[コラム⑨] ネフローゼ症候群の治療:基本となるステロイド療法と新たに適応となったリツキシマブ
  西本 雅俊 奈良県立医科大学 腎臓内科
  赤井 靖宏
[コラム⑩] 膠原病に合併するCKD:腎病変部位の考え方を整理し,鑑別と治療の要点をつかむ
  金城 光代 沖縄県立中部病院 総合内科
  須藤 航 沖縄県立中部病院 腎臓内科
[コラム⑪] パラプロテイン関連腎症:新しい疾患概念MGRSと関連疾患像をとらえる
  上原 温子 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 腎臓・高血圧内科
[コラム⑫] CKDと妊娠:理解しておくべきリスクと対応:ガイドライン2017と最新の知見から
  仲谷 慎也 大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学
  森 克仁 大阪市立大学大学院医学研究科 腎臓病態内科学
6. 腎代替療法:①透析療法:最近の傾向,コモンプロブレム,そして今後の課題
  嶋 英昭 大阪医科大学 内科学Ⅲ 腎臓内科
6. 腎代替療法:②腎移植:生体腎ドナーのマネジメント,HCV感染例の移植,新たな免疫抑制薬エベロリムス
  長谷川 正宇 聖マリアンナ医科大学 腎臓・高血圧内科

輸液・電解質・酸塩基平衡
7. 輸液,利尿:敗血症患者の輸液療法と利尿薬の課題,新たな展開
  耒田 善彦 沖縄県立中部病院 腎臓内科
[コラム⑬] 尿細管性アシドーシス(RTA):腎臓の役割からpRTA,dRTA,高カリウム性RTAを整理する
  髙橋 直生・岩野 正之 福井大学学術研究院 医学系部門医学領域 病態制御医学講座 腎臓病態内科学分野
[ミニコラム④] カリウム異常症に関連する腎疾患とその管理:慢性低カリウム血症が誘発する腎病態,カリウム吸着薬の現在と未来
  志水 英明 大同病院 腎臓内科
[コラム⑭] 低ナトリウム血症の最近のトピックス:ガイドラインを中心に,過補正対策やトルバプタンの有用性,医原性低Na血症まで
  田川 美穂 奈良県立医科大学 腎臓内科
[ミニコラム⑤] Boston法とStewart法:各法の利点,欠点も知ったうえで簡易Stewart法を使いこなす
  瀧 康洋・今井 直彦 川崎市立多摩病院 腎臓・高血圧内科

関連書籍

Hospitalist(ホスピタリスト)年間購読[2018年版]

  • 定価:9,504〜19,008円(本体8,800〜17,600円+税8%)