総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:内科系 » 腎臓 » ハルペリン 病態から考える電解質異常

ハルペリン 病態から考える電解質異常 このページを印刷する

水・電解質、酸塩基平衡異常を
病態から じっくり、しっかり 理解したい人のための
本格的な教科書、世界的“定番”「ハルペリン」
最新第5版の邦訳

具体的な症例を踏まえ水電解質、酸塩基平衡異常を病態から解き明かし、診断と治療に結びつけて解説した名著。体液異常がなぜ引き起こされたのか、生理学,生化学に踏み込んでその病態を徹底的に解説。結果として十分な“臨床力”の獲得(醸成)をはかることができる。水電解質に関して「なんとなく理解しているがやや曖昧」という医学生、研修医、医師にとっての決定版テキスト。

原著タイトル Fluid, Electrolyte, and Acid-Based Physiology:A Problem-Based Approach, 5th Edition
訳:門川俊明 慶應義塾大学医学部医学教育統轄センター教授
ISBN 978-4-8157-0119-2
定価 8,424円(本体7,800円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 528頁 図159
刊行年月 2018/05
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

Section 1 酸塩基平衡
1 酸塩基平衡の生理の原則
2 酸塩基平衡異常の診断ツール
3 代謝性アシドーシス:臨床アプローチ
4 NaHCO3 喪失による代謝性アシドーシス
5 ケトアシドーシス
6 酸増加型代謝性アシドーシス
7 代謝性アルカローシス
8 呼吸性酸塩基平衡異常

Section 2 ナトリウムと水
9 ナトリウムと水の生理
10 低Na血症
11 高Na血症
12 多尿

Section 3 カリウム
13 カリウムの生理
14 低K血症
15 高K血症

Section 4 統合生理
16 高血糖

目次詳細

序文

...

関連書籍

体液異常と腎臓の病態生理 第3版

監修:黒川 清 政策研究大学院大学 客員教授/日本医療政策機構 代表理事/東京大学名誉教授 監訳: 和田健彦 東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科講師 花房規男 東京大学医学部附属病院腎疾患総合医療学講座特任准教授
  • 定価:6,264円(本体5,800円+税8%)
  • 刊行年月:2015/03/25

Hospitalist(ホスピタリスト)2018年1号

責任編集: 赤井靖宏 奈良県立医科大学 地域医療学講座 今井直彦 川崎市立多摩病院 腎臓・高血圧内科 長浜正彦 聖路加国際病院 腎臓内科 清田雅智 飯塚病院 総合診療科
  • 定価:4,968円(本体4,600円+税8%)
  • 刊行年月:2018/04/13

Hospitalist(ホスピタリスト)2014年1号

責任編集: 赤井 靖宏 奈良県立医科大学 臨床研修センター 平岡 栄治 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科
  • 定価:4,968円(本体4,600円+税8%)
  • 刊行年月:2014/03/01