総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:外科系 » 麻酔科学・ペインクリニック » 判例ピックアップ 麻酔科・ペインクリニック領域編

判例ピックアップ 麻酔科・ペインクリニック領域編 このページを印刷する

そのとき、何が起きていたのか?
-医療者、患者、司法・・・それぞれの視点を踏まえ医療訴訟を読み解く

医療裁判を取り上げ、医療事故の経緯から裁判結果までを解説した雑誌『LiSA』の好評連載「判例ピックアップ」を加筆、再構成し書籍化。 臨床に従事する医療者として医療過誤や医療事故にいかに対処すべきか、複雑な事情が絡み合う医療訴訟の案件を、裁判資料を精査しかつ、著者独自の調査を踏まえ詳述。医療者目線に偏らず、判決に至るまでの裁判官の論理構成を明示し、医療者と司法の視点の「ずれ」を指摘する。当該領域医療者必読の書。

著:奥田泰久 獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科
ISBN 978-4-8157-0165-9
定価 5,400円(本体5,000円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁288 図46
刊行年月 2019/05
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

CASE 1 星状神経節ブロック後の頸部・縦隔血腫による呼吸困難
遅発性声門部閉塞の気道確保

CASE2 口蓋扁桃摘出手術後の出血
再手術のための適切な気道確保とは?

CASE 3 抜管後の再挿管失敗
抜管後の緊急気道確保に正解はあるのか?

CASE 4 硬膜外麻酔の説明義務と神経障害(前編)
硬膜外麻酔施行後に患者が下肢の異常を訴えた

CASE 4 硬膜外麻酔の説明義務と神経障害(後編)
硬膜外麻酔施行後に患者が下肢の異常を訴えた

CASE5 宗教的理由による輸血拒否
患者の意向に従い,術中に輸血をしなかったが…

CASE6 脊髄くも膜下麻酔施行直後に2分間隔で血圧を測定しなかった
能書の記載と医療慣行の不一致

CASE 7 局所麻酔薬中毒
不可避の偶発症であるが,いかに予防し,いかに対応するかが重要

CASE 8 鎮痛薬・鎮痛補助薬と自動車運転
運転禁止薬物にどう向き合うか?

CASE 9 イレウス患者の麻酔
脱水症患者に対する適切な麻酔薬の投与方法

CASE 10 麻酔科医の物質使用障害
われわれは何ができ,何をすべきか?

CASE 11 頸部硬膜外ブロック後の呼吸・循環停止
神経ブロックを施行する条件・環境

CASE 12 硬膜外ブロック後の硬膜外膿瘍
区域麻酔に関連した感染は軽視できない合併症である

CASE13 硬膜外麻酔後脊髄硬膜外血腫
きわめてまれな合併症だが,重篤な結果となった場合は医療訴訟に至る可能性がある

CASE 14 全身麻酔下の局所麻酔・区域麻酔
患者の意識はブロック針による神経損傷を予防するモニターとなるか?

CASE 15 マンモトーム生検時の局所麻酔による気胸
超音波ガイド下局所麻酔の限界

CASE 16 末梢血管穿刺と神経損傷
針が神経に接触したら過失となるか?

CASE17 大腿骨頸部骨折手術終了後の心停止
術前の血糖コントロールが不十分な患者ではあったが…

CASE 18 麻酔科医が手術室不在中の急変
医療事故と刑事訴訟およびガイドライン(指針)

CASE19 術後呼吸不全による死亡
PCAボタンを押すのは誰か?

CASE 20 無痛分娩中のトラブル
快適で安全な出産のための麻酔とは何か?

CASE 21 歯科医師の医科での救命救急研修
ガイドラインに従い同意を得なければ医師法違反

CASE 22 肋間神経ブロック後の脊髄損傷
神経ブロックのきわめてまれな合併症:前脊髄動脈症候群

CASE23 突発性難聴
確立された有効な治療法がない

CASE 24 麻酔科医の過労死
医師は労働者である

序文

...

関連書籍

LiSA年間購読(2019年版)

  • 定価:13,700〜34,680円(本体12,685〜32,111円+税8%)