総合トップに戻る 書籍・雑誌検索トップ » 臨床医学:内科系 » 循環器内科 » 心不全ケア教本 第2版

心不全ケア教本 第2版 このページを印刷する

心不全パンデミック時代のワンランク上のケアを目指して

心不全ケアに関する疫学、病態生理、診断、治療、ケア、課題までを図表を交えてわかりやすくまとめた包括的テキスト、7年ぶりの改訂。ガイドラインの改訂を踏まえて内容を刷新し、関心の高まる緩和ケア、意思決定支援、また家族・介護者支援についても新たに章を設けて取り上げた。心不全診療の最新動向や知っておくと現場で役立つアドバイスも充実。看護師のみならず、医療チームを担う多職種におすすめ。

監修:眞茅みゆき 北里大学 看護学部
編集:
池亀俊美 榊原記念病院 看護部
加藤尚子 Department of Social and Welfare Studies, Linköping University
大津美香 弘前大学大学院 保健学研究科
ISBN 978-4-8157-0153-6
定価 4,968円(本体4,600円+税8%)
判型/ページ数/図・写真 B5 頁424 図143・表119
刊行年月 2019/06
取扱書店を探す

冊数 購入する


目次

1 心不全の概念と分類
2 日本および海外における心不全の現状
3 心不全における一次予防
4 心不全に関する病態生理
5 心不全の診断
6 急性心不全の薬物治療
7 慢性心不全の薬物治療
8 急性心不全の非薬物療法
9 慢性心不全の非薬物療法
10 急性心不全患者のケア
11 合併症を有する心不全患者の治療とケア
12 重症心不全患者の治療とケア
13 心不全の栄養管理
14 心不全における緩和ケア
15 心不全における疾病管理
16 心不全患者のための意思決定支援
17 心不全におけるセルフケア
18 心不全ケアのための健康行動理論
19 心不全における活動能力の評価と運動療法
20 心不全患者に対する精神的支援
21 在宅における心不全ケア
22 心不全ケアにおける家族の役割と家族および介護者への支援
23 心不全ケア:展望と課題

目次詳細

序文

...