骨粗鬆症 診断・予防・治療ガイド

医療者として、また潜在的患者としても、読んでおくべき1冊
近年患者が増加している骨粗鬆症について、診断・治療から予防までの全体像を包括的に解説。エビデンスに立脚した信頼性の高い指針を提供する。見やすい図表やイラストを多用し、重要なポイントを色刷りで提示するなど、理解の助けとなる工夫が随所に施されている。また、文章はユーモアのある筆致で書かれ、読みやすく飽きさせない。骨粗鬆症診療に携わる各科医師はもちろん、看護師などコメディカルも必読。
¥4,400 税込
原著タイトル
Osteoporosis: Diagnosis, Prevention, Therapy
監訳: 中村利孝 産業医科大学医学部整形外科教授
ISBN
978-4-89592-488-7
定価
¥4,400 税込
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁272 図47
刊行年月
2007/10/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第1章 骨粗鬆症:その世界的な激増
第2章 骨:魅惑的な器官
第3章 骨粗鬆症の定義
第4章 骨粗鬆症の分類:さまざまな観点から
第5章 リスクファクターを知る
第6章 骨粗鬆症の臨床診断
第7章 骨密度:重要な診断指標
第8章 骨粗鬆症の臨床検査:それは必要なのか?
第9章 生涯にわたって健康な骨を維持するために
第10章 骨粗鬆症の治療
第11章 最優先すべきこと:痛みへの対処
第12章 カルシウムとビタミンD:骨の無二の親友
第13章 ホルモン補充療法:再評価の必要あり
第14章 ビスホスホネート:骨粗鬆症治療でのサクセスストーリー
第15章 ラロキシフェン:強力な選択的エストロゲン受容体調節薬
第16章 副甲状腺ホルモン:有望な骨形成促進薬
第17章 その他の治療薬
第18章 骨粗鬆症による骨折:治療は可能だが予防が大切
第19章 骨粗鬆症:男性も発症は遅いが無縁ではない
第20章 骨粗鬆症:小児に対する影響はいっそう深刻
第21章 骨粗鬆症:あらゆる診療科にひそむ危険性
第22章 骨粗鬆症:いろいろな薬物が「骨泥棒」となる
第23章 骨粗鬆症:まれにみられる局所疾患 

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ