LiSA 2007年12月号 - 麻酔を核とした総合誌[リサ] -

徹底分析シリーズ:星状神経節ブロックを見直す
症例検討:麻酔導入法で悩む症例
LiSA Aesthetic Salon:トレーニング情報:あなたの個性が伝わる文字と手紙のトレーニング
  • 自らが読みたい雑誌をつくるという編集委員のポリシーからスタートしたLiSA(リサ)は、いわゆる医学雑誌とは一線を画し、スタンダードを示すのではなく、既存の知識をも新しい切り口で検討し直そうとするもの。
  • 一歩踏み込んだ分析、今までとは異なる視点からの解釈を示し、読者の知的欲求に応える「徹底分析」。

  • 具体的な提示症例に対し、一般論を抜きに「私ならこうする」をストレートに示す「症例検討」。

  • その他、創刊当時からのモットー”楽しく学ぶ”から生まれた読み物が満載。

  • 総合誌LiSAのテーマは、基礎と臨床、手術室から社会へと広がり、麻酔科医だけでなく、集中治療医や救急医、外科医、看護師、臨床工学技師にも共通の場を提供します。

¥2,420 税込
定価
¥2,420 税込
刊行年月
2007/12/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

徹底分析シリーズ:星状神経節ブロックを見直す
順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座
井関 雅子

▼臨床研究からの有用性:
有用な疾患に対する「過去」と「最近」の知見
名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔・危機管理医学
杉浦 健之・津田 喬子

▼臨床研究からの有用性:
開業医における星状神経節ブロックの意義
仙台ペインクリニック
伊達  久

▼副作用対策:
血腫を起こさないための努力と血腫が発生した場合の対策を万全に
NTT 東日本関東病院 ペインクリニック科
上島 賢哉・大瀬戸 清茂

▼SGBで発生する副作用を解剖学的見地より考察する
日本大学歯学部 麻酔科
齋藤 敏之

▼解剖学的検討と補助手段を用いた手技の検討:
より安全で確実な手技に
佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学
平川 奈緒美

▼コラム:嗄声の発生率を減少させるコツ
昭和大学横浜市北部病院 麻酔科
岡本 健一郎
昭和大学医学部 麻酔科学講座
増田  豊

▼コラム:患者の SGB イメージと頸部血腫の予防
山口大学医学部附属病院 麻酔科蘇生科
川井 康嗣

▼コラム:星状神経節ブロックは何に効くの?
本当に効くの?:米国から一歩さがって眺めてみる
Department of Anesthesiology, University of Washington
西尾 一寿太



LiSA Aesthetic Salon
トレーニング情報:
あなたの個性が伝わる
文字と手紙のトレーニング
ニュー上田クリニック
上田 由紀子



ブックレビュー
『犬身』(関本 英太郎)
『生物の無生物のあいだ』(福家 伸夫)
『フランク作曲
《ヴァイオリン・ソナタ イ長調》』(内藤 道一)



知識をいかに体系化するか
情報の入力と整理38:
映像で発表は?
帝京医学技術専門学校
諏訪 邦夫



症例検討:麻酔導入法で悩む症例
稲田 英一

▼喘息患者の緊急手術の麻酔:
限られた時間で最大限の術前評価,導入後も万全のモニターで対応
東京女子医科大学 麻酔科/集中治療部
佐藤 暢夫・小谷  透

▼認知症の虚血性心疾患,陳旧性心筋梗塞,うっ血性心不全患者:
麻酔中は血圧の変化を早く正確に捉えて適切に対応,
術後も心筋虚血等の予防に努める
群馬大学大学院医学系研究科 脳神経病態制御学講座麻酔神経科学
黒田 昌孝・齋藤  繁

▼肥満フルストマック患者の緊急クリッピング術:
気道確保は ASA ガイドライン・ DAS ガイドラインをもとに,挿管補助器具の活用を
広島大学病院 麻酔・疼痛治療科
田口 志麻・河本 昌志

▼緊急帝王切開術:
できるだけ早い児娩出のために迅速な導入が可能な全身麻酔を
愛媛大学大学院医学系研究科 生体機能管理学分野
本多 亮子・長櫓  巧

▼泣き叫んでいるフルストマックの小児:
気道確保を最優先して低酸素を避ける麻酔を考える
愛知県心身障害者コロニー中央病院 麻酔科
水野 省司
福井大学医学部 器官制御医学講座麻酔・蘇生学領域
重見 研司

▼頸椎手術後挿管困難予想例 :
脊髄くも膜下麻酔や伝達麻酔ではなく,麻酔法は全身麻酔のみを選択
東京都老人医療センター 麻酔科
小倉  信・河手 絵理子



SOAP2007 年印象記:
あいまいな産科麻酔の知識を確認できた
暖かい視線と油断のできない緊張感漂う 3 日間
防衛医科大学校 再生発生学講座
里元 麻衣子



Pharmacognomy への招待:
6R,12aR)-6-(1,3-benzodioxol-5-yl)- 2-methyl-2,3,6,7,12,12a-
hexahydropyrazino[1′,2′:1,6]pyrido
[3,4-b]indole-1,4-dione
帝京大学医学部 薬理学講座
中木 敏夫



Editorial 拝見:



リサクラブ:
●掲示板
●総合目次
●LiSA投稿規定
●from LiSA
●次号目次

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ