LiSA 2007年4月号 - 麻酔を核とした総合誌[リサ] -

徹底分析シリーズ:心肺蘇生の薬
症例検討:病棟における気道確保と緊急気管挿管
LiSA Aesthetic Salon:水を考える:③ ウォーターオーブンを使ってみました
  • 自らが読みたい雑誌をつくるという編集委員のポリシーからスタートしたLiSA(リサ)は、いわゆる医学雑誌とは一線を画し、スタンダードを示すのではなく、既存の知識をも新しい切り口で検討し直そうとするもの。
  • 一歩踏み込んだ分析、今までとは異なる視点からの解釈を示し、読者の知的欲求に応える「徹底分析」。

  • 具体的な提示症例に対し、一般論を抜きに「私ならこうする」をストレートに示す「症例検討」。

  • その他、創刊当時からのモットー”楽しく学ぶ”から生まれた読み物が満載。

  • 総合誌LiSAのテーマは、基礎と臨床、手術室から社会へと広がり、麻酔科医だけでなく、集中治療医や救急医、外科医、看護師、臨床工学技師にも共通の場を提供します。

¥2,420 税込
定価
¥2,420 税込
刊行年月
2007/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

徹底分析シリーズ:心肺蘇生の薬
中木 敏夫

▼心肺蘇生の薬:
国際蘇生連絡協議会(ILCOR)の分析結果を中心に
帝京大学医学部 薬理学講座
中木 敏夫

・血管収縮薬
・アトロピン
・抗不整脈薬
・線溶療法
・プロカインアミド
・ノルエピネフリン
・輸 液
・アミノフィリン
・緩衝液
・ドパミン
・エフェドリン
・ドブタミン
・メトキサミン
・フェニレフリン



初歩からのファイバースコープガイド下気管挿管:
第 1 回:なぜファイバー挿管が必要なの?!
新日鐵八幡記念病院 麻酔科
青山 和義・竹中 伊知郎



LiSA Aesthetic Salon
水を考える:③
ウォーターオーブンを使ってみました
ニュー上田クリニック
上田 由紀子



知識をいかに体系化するか
情報の入力と整理31:
表記不安定問題とその解決
帝京大学八王子キャンパス
諏訪 邦夫



ブックレビュー
『ガーダ-女たちのパレスチナ』(関本 英太郎)
『食べる西洋美術史―「最後の晩餐」から読む』(福家 伸夫)
『モーツァルト作曲 交響曲第 40 番 ト短調 K.550』
(内藤 道一)



症例検討:気病棟における気道確保と
緊急気管挿管
落合 亮一

▼病棟における気管挿管
日本医科大学千葉北総病院 麻酔科
井上 哲夫

▼急性呼吸不全アプローチにおける
NPPV(非侵襲的陽圧換気療法)の位置づけ
日本医科大学 麻酔科学教室
赤田 信二・竹田 晋浩

▼COPD の急性増悪:
COPD の病態生理を理解した呼吸管理を
横浜市立大学附属病院 集中治療部
刈谷 隆之・大塚 将秀

▼食後の誤嚥:迅速かつ適切な
救命蘇生術ができる院内システムを構築
江東病院 麻酔科
三浦 邦久

▼心不全,肺水腫:不穏により
NPPV 施行が困難な場合は,気管挿管の適応
赤田 信二・竹田 晋浩

▼神経筋疾患による呼吸不全:
慌てずに気道確保と陽圧換気さえできればなんら問題はなし
東京都立府中病院 麻酔科
渡辺 弘道・肥川 義雄



A.M.C.心臓手術と麻酔:
大動脈弁狭窄症(AS)に対する人工弁置換術
明石医療センター 心臓血管外科
吉田 和則
明石医療センター 麻酔科
内藤 嘉之
神戸麻酔アソシエイツ
井出 雅洋




Queckenstedt 論文との出合い:
Queckenstedt の論文と硬膜外腔穿刺の確認法(E-QST)
高知大学医学部 麻酔科学講座
横山 武志




薬物動態を理解しよう:
第 6 回:点滴静注
帝京大学医学部 薬理学講座
中木 敏夫



“Miller's Anesthesia”と私と:
ミラー教授との出会い
関西医科大学 麻酔科学講座
新宮  興



Editorial 拝見:



リサクラブ:
●掲示板
●ヒューストン留学記⑳:留学と政治 石黒 達昌
●LiSA投稿規定
●from LiSA
●次号目次

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ