LiSA 2004年6月号 - 麻酔を核とした総合誌[リサ] -

徹底分析シリーズ:補助薬投与法としてのTCI
症例検討:慢性肺気腫症の麻酔管理
LiSA Aesthetic Salon:アットホーム健康法[美容編1]:美味しい塩を美肌にも!
  • 自らが読みたい雑誌をつくるという編集委員のポリシーからスタートしたLiSA(リサ)は、いわゆる医学雑誌とは一線を画し、スタンダードを示すのではなく、既存の知識をも新しい切り口で検討し直そうとするもの。
  • 一歩踏み込んだ分析、今までとは異なる視点からの解釈を示し、読者の知的欲求に応える「徹底分析」。

  • 具体的な提示症例に対し、一般論を抜きに「私ならこうする」をストレートに示す「症例検討」。

  • その他、創刊当時からのモットー”楽しく学ぶ”から生まれた読み物が満載。

  • 総合誌LiSAのテーマは、基礎と臨床、手術室から社会へと広がり、麻酔科医だけでなく、集中治療医や救急医、外科医、看護師、臨床工学技師にも共通の場を提供します。

¥2,420 税込
定価
¥2,420 税込
刊行年月
2004/6/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

徹底分析シリーズ:補助薬投与法としてのTCI
東京女子医科大学 麻酔科学教室 長田 理

▼序論:補助薬投与法としてのTCI
長田 理

▼フェンタニルのTCI
大阪大学大学院医学系研究科 生体機能調節医学講座 萩平  哲

▼レミフェンタニルのTCI
山梨大学医学部 麻酔科学教室 増井 健一

▼ミダゾラムのTCI
長田 理

▼筋弛緩薬の未来
JA広島 広島総合病院 麻酔科 中尾 正和

▼薬物動態からみた超短時間作用性β1遮断薬の投与方法
国立循環器病センター 麻酔科 内田  整



LiSA Aesthetic Salon:
アットホーム健康法[美容編1]:美味しい塩を美肌にも!
ニュー上田クリニック 上田 由紀子



サイトカインから見た臨床:
第6回 膠原病とサイトカイン[1]:RA, SLE
独立行政法人国立病院機構宇多野病院 内科 石田  博



こだわりの局所麻酔-あなたならどうする? Part 2
第9回 脊硬麻は,1か所穿刺か2か所穿刺か?
宮崎大学医学部 麻酔学教室 高崎 眞弓・矢野 武志



Pharmacognomyへの招待:
(S)-2-Amino-4,5,6,7-tetrahydro-6-propylaminobenzothiazole
dihydrochloride monohydrate
帝京大学医学部 薬理学講座 中木 敏夫



ブックレビュー:
『チャンドス卿の手紙』(関本 英太郎)
『裁かれるべきは誰か』(福家 伸夫)
『Fantasy for mandolin and organ』(内藤 嘉之)



症例検討:慢性肺気腫症の麻酔管理
落合 亮一

▼慢性閉塞性肺疾患(COPD)の病態生理とその麻酔管理
国立病院機構千葉医療センター 麻酔科 鈴木 洋人・佐藤 二郎・加藤 里絵

▼もう一つの症例:“慢性呼吸不全の急性増悪”に惑わされて
鈴木 洋人・佐藤 二郎・加藤 里絵



画像診断:脊髄を究めよう
頸椎・頸髄の画像を読む 6頸椎外傷の読影:放射線科医vs. 整形外科医(後編)
九州労災病院 放射線科 前田 浩喜



第5回New Opioid研究会ラウンドテーブルディスカッションリポート
新しい短時間作用型オピオイドの基礎とその臨床応用:レミフェンタニルを中心に
東京女子医科大学医学部 麻酔科学教室 尾崎  眞



知識をいかに体系化するか:
出力序論 13:人が耳を傾けるのは誰の情報か
帝京大学八王子キャンパス 諏訪 邦夫



Editorial 拝見:



リサクラブ:
●掲示板
●To the Editor「なぜ笑気(亜酸化窒素)のMACは104%なのか?」/From the Editor「亜酸化窒素の最小肺胞濃度(MAC)が 100% を超える理由」落合 亮一
● コーマ・ルール~意識障害患者診察のポイント~
各論:1 原因は必ず既知の疾患である-知らぬは演者ばかりなり-  堤  晴彦・森脇 龍太郎・間藤  卓
●LiSA投稿規定
●from LiSA
●次号目次

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ