LiSA 2002年4月号 - 麻酔を核とした総合誌[リサ] -

徹底分析シリーズ:脳を守れ,麻酔科医!
症例検討:小児の気道確保
LiSA Aesthetic Salon:アトピーが”奇妙”なわけは?
  • 自らが読みたい雑誌をつくるという編集委員のポリシーからスタートしたLiSA(リサ)は、いわゆる医学雑誌とは一線を画し、スタンダードを示すのではなく、既存の知識をも新しい切り口で検討し直そうとするもの。
  • 一歩踏み込んだ分析、今までとは異なる視点からの解釈を示し、読者の知的欲求に応える「徹底分析」。

  • 具体的な提示症例に対し、一般論を抜きに「私ならこうする」をストレートに示す「症例検討」。

  • その他、創刊当時からのモットー”楽しく学ぶ”から生まれた読み物が満載。

  • 総合誌LiSAのテーマは、基礎と臨床、手術室から社会へと広がり、麻酔科医だけでなく、集中治療医や救急医、外科医、看護師、臨床工学技師にも共通の場を提供します。

¥2,420 税込
定価
¥2,420 税込
刊行年月
2002/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

徹底分析シリーズ:脳を守れ,麻酔科医!

●虚血性神経細胞死のメカニズムと脳保護
東京医科大学八王子医療センター 麻酔科 内野 博之・石井 脩夫
東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所 細胞生理部門 芝崎  太

●薬理学的アプローチによる脳保護と21世紀における脳蘇生の展望
内野 博之・芝崎  太・石井 脩夫



ブックレビュー:
小平 邦彦/著『怠け数学者の記』(関本 英太郎)
ブライアン・アスターズ 著『死体と暮らすひとりの部屋』(福家 伸夫)
阿刀田 高 著『ホメロスを楽しむために』(小島 和男)



LiSA Aesthetic Salon:
アトピーが“奇妙”なわけは?
ニュー上田クリニック 上田 由紀子



症例検討:小児の気道確保

▼気道確保困難症例の気道閉塞の評価と周術期管理:終夜パルスオキシメトリの有用性
国立成育医療センター 手術・集中治療部 近藤 陽一

▼口蓋扁桃・アデノイド肥大による気道閉塞:年長児では静脈麻酔薬による急速導入を
神奈川県立こども医療センター麻酔科 広木 公一

▼口蓋扁桃・アデノイド肥大による気道閉塞:閉塞型睡眠時無呼吸症候群の可能性を念頭に置き,術前から十分な管理と注意が必要
国立国際医療センター 麻酔科 柳下 芳寛・木皿 晶子

▼挿管困難症に伴う周術期管理:喉頭気管支ファイバー用麻酔マスクを用いた挿管
大阪府立母子保健総合医療センター 麻酔科 木内 恵子・宮本 善一・井口 直也

▼挿管困難症に伴う周術期管理:ラリンジアルマスクとチューブチェンジャーを使った気管挿管
済生会横浜市南部病院 麻酔科 吉川  保・横井 雅一

▼未熟児出生の問題点:人工呼吸の既往のある例ではその合併症に注意
長野県立こども病院 集中治療科 宮坂 恵子

▼未熟児出生の問題点:時間を有効に使い的確な鑑別診断,そしてストラテジーを
北海道立小児総合保健センター 麻酔科 川名  信
北海道立小児総合保健センター 新生児科 浅沼 秀臣




pharmacognomyへの招待: 
cyclopentyl 3-{2-methoxy-4-[(2-tolylsulfonyl)carbamoyl]benzyl}-1-methylindole-5-carbamate
帝京大学医学部 薬理学講座 中木 敏夫



Editorial拝見:




リサクラブ:
To the Editor 注射器の誤注入を起こしにくくする工夫のおすすめ
中尾 正和

To the Editor 31st Critical Care Congress印象記
本田 完

To the Editor 31st Critical Care Congress of the Society of Critical Care Medicine (SCCM)に参加して
金 成元

■LiSA実践ワイン講座:
イタリア・ワイン旅行:(その1)白トリュフを求めて

癌研究会付属病院 麻酔科・日本ソムリエ協会ワインアドバイザー  田中 清高

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ