一目でわかる臨床検査 第2版

臨床検査の入門教科書、大幅リニューアル
全40章(教程)で全体像を概観する臨床検査の入門教科書。日常診療や健康診断などで広く行われている基本的な検査に絞り、意義や目的を冒頭の章で示した上で、検査項目ごとに簡明に解説。見開き2頁でひとつの章が完結。左側に図表、右側にその解説文を配した構成で、単元ごとに理解しやすいのが本シリーズの特徴のひとつ。医学部や医療系学部の学生の教科書として、また研修医や臨床家、医療従事者の知識の整理に幅広く有用。
¥3,080 税込
著:松野一彦 北海道大学大学院保健科学研究院教授/北海道大学病院検査・輸血部長 新倉春男 聖ルカ会パシフィック・ホスピタル副院長/昭和大学医学部客員教授 前川真人 浜松医科大学医学部臨床検査医学教授/附属病院検査部長
ISBN
978-4-89592-672-0
刊行年月
2011/3/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Iはじめに
II血液・凝固検査
III生化学検査
IV免疫・血清検査
V腫瘍マーカー
VI尿・便検査

おすすめ商品

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ