シュライアー腎臓病と病態生理

基礎から臨床まで、腎臓の“すべて”をこの1冊で

腎生理の第一人者シュライアーの名著、待望の邦訳。水電解質・酸塩基平衡など生理学の基本から、疾患の病態生理やそのメカニズムまで幅広く網羅しかつ詳細に解説。基礎と臨床の関わりを筋道立てて学ぶことができる。原著初版の刊行から35年間、版を重ねつつ新しい内容を盛り込み完成度を高め、世界中の腎臓に関心のある医学生や医師たちに広く支持されてきた、まさに信頼できる成書。腎臓専門医やそれを目指す研修医の座右書であり、内部環境恒常性の維持という観点から病態の全体像を理解する必要のある内科医全般にも有用。

¥11,000 税込
原著タイトル
Schrier : Renal and Electrolyte Disorders, 7th ed.
原著者
Robert Schrier
監訳: 南学正臣 東京大学医学部腎臓・内分泌内科講師 奥田俊洋 東京大学保健・健康推進本部(保健センター) 監訳協力: 和田健彦 東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科助教 花房規男 東京大学医学部附属病院血液浄化療法部講師
ISBN
978-4-89592-681-2
判型/ページ数/図・写真
B5 頁680 図101 写真32
刊行年月
2011/5/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第 1 章 水代謝の恒常性の異常
第 2 章 腎臓でのナトリウム排泄,浮腫性疾患,利尿薬の使用
第 3 章 代謝性アシドーシスおよびアルカローシスの病態と治療
第 4 章 呼吸性および混合性酸塩基平衡障害の病態生理と管理
第 5 章 カリウム代謝の異常
第 6 章 カルシウム,リン,ビタミン D,副甲状腺ホルモン活性の異常
第 7 章 正常および異常なマグネシウム代謝
第 8 章 レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の疾患
第 9 章 高血圧と腎臓
第10章 急性腎障害:その発症機序,診断と治療
第11章 慢性腎臓病:症状と発症機序
第12章 閉塞性腎症:病態生理と治療を含む管理
第13章 妊娠中の腎生理および病態生理
第14章 蛋白尿とネフローゼ症候群
第15章 糸球体症

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ