カラー図解 症状の基礎からわかる病態生理 第2版

ヴィジュアルで病態生理を理解する、ロングセラーの改訂新版

ぱっと見開き すっきり理解
医学・看護・コメディカル、学生からプロまで使える
カラー図解シリーズ


病態生理の基本原理やメカニズムを臨床に関連づけながらコンパクトに集約した図解サブテキスト、最新知見のエッセンスを盛り込み8年ぶりの改訂。生理学の基礎的事項にはじまり、病態の原因、経過、症状および引き起こされる合併症、治療の可能性にいたるまで全10章、172項目で網羅。各項はユニークで洗練されたカラー図と、明解な解説を左右に配した見開き2頁で完結。学生のサブテキストとして、また研修医、専門医、研究者の知識の整理に最適。

¥6,820 税込
原著タイトル
Color Atlas of Pathophysiology, 2nd edition
原著者
Stefan Silbernagl, Florian Lang
監訳: 松尾理 近畿大学名誉教授・近畿大学医学部顧問
ISBN
978-4-89592-688-1
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁420 図192 4色
刊行年月
2011/8/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

基礎
体温,エネルギー
血液
呼吸と酸塩基平衡
腎,塩と水バランス
胃,腸,肝臓
心循環系
代謝
ホルモン
運動系と感覚系

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ