シェーマでわかる 胸部単純X線写真パーフェクトガイド

絵を眺めているだけでもためになる

専門のメディカル・イラストレーターによる出来映えの良いシェーマをふんだんに盛り込み、写真のままではわかりにくい単純X線所見を視覚的に明確化。基礎から臨床応用までを二部構成で解説したコンパクトにして読みやすい胸部X線診断テキストの決定版。胸部単純X線所見の全てを網羅し、かつ画像が美しく見やすい。初学者には入門書として、ベテラン医師には知識と経験の整理に役立つ——日常診療で胸部X線写真の読影を行っているすべての臨床医に捧げる、まさにこれぞパーフェクトガイド!

¥7,150 税込
原著タイトル
The Chest X-Ray: A Survival Guide
原著者
ジェラルド ドゥ レイシー, サイモン モーリー, ローレンス バーマン
訳:栗原泰之 聖マリアンナ医科大学放射線医学講座 准教授 同大学画像センター長
ISBN
978-4-89592-705-5
判型/ページ数/図・写真
B5変 頁400 図116・写真369
刊行年月
2012/4/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part 1 コアとなる知識
1章 胸部単純X線写真:基本中の基本
2章 側面像
3章 肺胞性疾患 vs. 間質性疾患
4章 肺炎とシルエットサイン
5章 肺葉虚脱
6章 肺門と肺門の異常
7章 胸膜の異常
8章 縦隔:解剖,腫瘤,空気
9章 21世紀の肺感染症のパターン
10章 原発性肺癌
11章 心臓疾患
12章 ペースメーカの評価
13章 集中治療室の患者
14章 小児におけるポイント
15章 新生児の胸部単純X線写真
16章 放射線科医のツールボックス

Part 2 臨床上の諸問題と戦略
17章 胸部単純X線写真:診療方針決定における重要性
18章 片肺が黒くみえるとき
19章 ホワイトアウト(真っ白な肺)の分析
20章 孤立性肺結節の分析
21章 多発肺結節の分析
22章 COPDの疑い
23章 急性肺血栓塞栓症の疑い
24章 大動脈解離の疑い
25章 転移性腫瘍の疑い
26章 慢性咳嗽:何を探すべきか?
27章 胸痛:何を探すべきか?
28章 呼吸苦:何を探すべきか?
29章 喘息発作:何を探すべきか?
30章 喀血:何を探すべきか?
31章 高血圧症:何を探すべきか?
32章 鈍的外傷:何を探すべきか?

2012-05-11

P. 72 本文上から3行目,5行目,および p. 73 本文上から2行目 

(誤)“清教徒
(正)“純正主義者

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ