そうだったのか!臨床に役立つ不整脈の基礎

「基礎」をもう一度!
視界不良の\メカニズム\がすっきり見えてくる"""""""

不整脈の診断・治療に関連性の高い基礎医学の知識を、イメージしやすい図を駆使し、できるだけ平易に解説。前半(総論)で、基本となる心臓電気生理と不整脈の病態生理・薬理について、臨床に関連づけて明快に解説する。後半(各論)では、最近の臨床的なトピックスとなっている不整脈とその治療法について、遺伝子・分子・細胞レベルでの知見をもとにわかりやすく整理。教科書ではわからなかった「不整脈の基礎」がわかる、革新的テキスト。

¥4,950 税込
著: 中谷晴昭 千葉大学大学院医学研究院病態制御治療学薬理学教授 古川哲史 東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授 山根禎一 東京慈恵会医科大学循環器内科准教授
ISBN
978-4-89592-723-9
判型/ページ数/図・写真
A5変  頁212 図112
刊行年月
2012/10/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

Part Ⅰ 総 論─教科書がもっとよく理解できる不整脈の基礎─
A. 心臓電気生理の基礎知識
B. 不整脈の理解に必要なシグナル伝達系
C. 不整脈の発生メカニズム
D. 抗不整脈薬

Part Ⅱ 各 論─ 臨床トピックスの一歩先をいく不整脈の基礎:臨床の基盤になる分子・細胞生理学─
A. 心房細動
B. WPW症候群
C. 心不全と不整脈
D. 心筋梗塞と不整脈
E. Brugada症候群
F. . QT延長症候群
G. カテコラミン誘発性多形性心室頻拍
H. 右室流出路由来の不整脈
I. Purkinje不整脈
J. アブレーション,デバイス治療と抗不整脈薬

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ