血栓形成と凝固・線溶 - 治療に生かせる基礎医学 -

抗血栓療法の「新時代」を乗り切る!

血栓症の治療や予防方法は近年大いに発展し,新規治療薬も相次いで発売された。これらの新薬は,実地臨床での使用例が増えるにつれて問題点も明らかになり,逆に,長らく使用されてきた薬剤の優れた点も見直されてきている。本書は血栓形成の生理と病態を難解な分子レベルの基礎メカニズムから整理し、多様な病態に対して臨床に応用できる知識として理解を促す。血栓症治療薬の作用機序と使用方法,使用上の問題点も記載。理論とエビデンスに基づき「血栓症治療」に貢献する一冊。

¥5,500 税込
著:浦野哲盟 浜松医科大学医生理学講座 教授 後藤信哉 東海大学医学部内科学系循環器内科学 教授
ISBN
978-4-89592-736-9
判型/ページ数/図・写真
A5変 頁232 図57
刊行年月
2013/3/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

はじめに
Part 1 血栓と血栓症
1. 凝固系の役割とは? 防衛反応?
2. 血栓症はなぜ起こるのだろう?
3. 凝固・線溶系の概略

Part 2 凝固・線溶系,血小板の基礎を理解する
1. 凝固系の活性化機構
2. 凝固因子は必要な部位でのみ活性化される
3. 凝固系はどのように活性化されるのか?
4. 血栓形成過程:フィブリノーゲンとフィブリン
5. 凝固系の制御機構
6. 凝固系検査で何がわかる?
7. 血小板の活性化機構とその制御
8. 血栓(線維素)溶解機構とその制御
9. 凝固・線溶系の多彩な生理作用

Part 3 凝固・線溶系と疾患:臨床とその背景
1. 血栓症をきたす病態:血液の因子を詳細に検討してみよう
2. 心筋梗塞
3. 脳 梗 塞
4. 深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症
5. 播種性血管内凝固症候群(DIC)
6. 血栓性微小血管障害症(血栓性血小板減少性紫斑病)

Part 4 血栓症の治療と予防
1. 血栓症治療:新時代の考え方
2. 抗血小板療法
3. 抗凝固療法:経口薬
4. 抗凝固療法:注射薬
5. 線溶療法

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ