気分障害ハンドブック

症状ではなく、病気を治せ
-気分障害を正しく理解し、適切な治療に導くための指南書-

うつ病、躁うつ病(双極性障害)などを含む精神疾患である気分障害は、診断の難しさから、治療が奏功せず病状が遷延・悪化する場合も少なくない。本書は気分障害をしっかりと診断した上で、適切な治療を行うための知識をコンパクトにまとめた一冊。症状に対して漫然と行われる対症療法的な薬物治療を否定し、疾患そのものを治療すべきという著者の哲学に貫かれた内容。精神科医や心療内科医、それを目指す研修医をはじめ、患者の増加に伴い診療の機会が増えつつある一般内科医、プライマリケア医にも有用。



珠玉のフレーズ集『気分障害ハンドブックbot』NOTE版



公式ツイッター『気分障害ハンドブックbot【公式】』絶賛配信中!

本書のエッセンスを定期的に配信しています!

¥4,400 税込
原著タイトル
Mood Disorders,2nd Edition (Practical Guides in Psychiatry)
監訳:松崎朝樹 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院精神科副医長
ISBN
978-4-89592-744-4
判型/ページ数/図・写真
A5変 332頁 図20
刊行年月
2013/5/1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

第I部 診断
1 気分障害の診断と記述
2 単極性うつ病スペクトラム
3 双極性障害
4 双極スペクトラム

第II部 基本原理
5 ヒポクラテス的精神薬理学をめざして
6 遺伝と環境
7 気分安定薬とは,抗うつ薬とは何か:その定義を考える

第III部 単極性うつ病の治療
8 単極性うつ病の治療原則
9 モノアミン酸化酵素阻害薬と三環系抗うつ薬
10 非定型抗うつ薬
11 セロトニン再取り込み阻害薬
12 難治性うつ病の治療戦略

第IV部 双極性障害の治療
13 双極性障害の治療原則
14 リチウム
15 バルプロ酸とカルバマゼピン
16 新規抗てんかん薬
17 非定型抗精神病薬
18 抗うつ薬一般
19 難治性双極性障害の治療戦略
20 双極性障害の急速交代型

第V部 周辺分野あれこれ
21 子供の気分障害とADHD
22 気分障害の精神療法
23 高齢者
24 統合失調感情障害の謎

第VI部 臨床家と家族へ
25 臨床医のための気分障害面接ガイド
26 気分障害患者の家族に向けて:援助の手引

付録A 双極スペクトラム診断尺度
付録B 気分障害向け初診カルテ様式

この商品を見た人はこんな書籍も見ています

際限なき医学欲を満たす、極上の教科書を召し上がれ。

周術期管理を核とした総合誌[リサ]月刊/毎月1月発売

集中治療の“いま”を検証し、“これから”を提示するクオータリー・マガジン。季刊/年4回発行

患者全体を見すえた内科診療のスタンダードを創る!季刊/年4回発行

脳科学の宇宙(せかい)を展望する。

カテゴリ一覧

ページトップへ